• HOME
  • , 犬の知識
  • 犬の記憶力は想像以上によかった!実は子犬時代のことも覚えてる?

犬の記憶力は想像以上によかった!実は子犬時代のことも覚えてる?

ベッドの上の子犬と目覚まし時計

犬の記憶力とは不思議なものです。

一度あげただけのオヤツの場所をいつまでも覚えているかと思えば、しつけをしようと繰り返し教えても一向に覚えないこともあります。

もし愛犬が話せたら「いったいどうなっているの?」と聞いてみたい気持ちになりますよね。

今回は、そんな犬の記憶力について解説します。

犬の記憶力の種類

時計を置いて食事を待つ犬

記憶は、覚えていられる時間の長さによって「短期記憶」と「長期記憶」の2つに分類されます。

短期記憶とは、十数秒から数十分という短い時間だけ覚えていられる記憶のことです。例えば、短いパスワードを暗記して入力できたのに、翌日にはまったく記憶に残っていないことがありますよね。それが短期記憶です。

一方で長期記憶とは、文字通り長い期間残る記憶を指します。

犬が苦手な記憶と得意な記憶

トイプードルの子犬に手を伸ばす人

以前は、犬は人よりも記憶力が悪いと言われていました。

しかし、実際に犬と暮らしていると「犬は人よりも記憶力があるのでは?」と感じる場面も多いでしょう。

実は犬には、記憶の種類によって得意なものと苦手なものがあるのです。

わずか10秒?犬は短期記憶が苦手

犬は短期記憶を保持できる時間が人よりずっと短く、数秒から10秒程度だと言われています。

留守番中の犬がトイレを失敗したときに、飼い主さんが帰宅後に叱っても失敗を繰り返すのはこのためです。

叱られているときの犬には、トイレに関する記憶は残っていません。そのため、飼い主さんがしつけのつもりで叱っても、犬は「飼い主さんが突然、理由なく怒りだした」と感じてしまうのです。

犬の行動に対して叱ったり褒めたりする場合は、短期記憶が残っている数秒の間、つまり犬が行動した直後にしか伝わりません。

しつけをするときはタイミングを大切にしましょう。

10年ぶりでも飼い主がわかる?犬は長期記憶が得意

一方、犬は長期記憶が得意です。

例えば、長期記憶のひとつである手続き記憶は、繰り返すことで定着する記憶です。「おて」や「おすわり」などのコマンドや、トイレのしつけなどが手続き記憶にあたります。

また、犬が長期記憶が得意なことを物語る印象的なエピソードがあります。

盲導犬候補の子犬は、パピーウォーカーと呼ばれるボランティア家庭で育てられます。家族の一員としてたっぷりの愛情を注がれ、さまざまな経験をし、人間との信頼関係を構築するためです。

1歳になるとパピーウォーカーと離れ、トレーニングの後にユーザーの元で盲導犬として暮らします。その間は、パピーウォーカーと会うことはありません。

しかし盲導犬を引退してからパピーウォーカーと再会した犬は、まるで子犬に戻ったように喜ぶのです。

離れて暮らした約10年は、犬にとって大切な人を忘れるには短すぎる時間なのでしょう。

家族の思い出を共有できるエピソード的記憶

長期記憶の中でも、情報に感情が伴う記憶をエピソード記憶と呼びます。「夏休みに遊園地へ行ったら楽しかった」など、感情とともに時間や場所・他者などの情報が残る、いわゆる「思い出」と呼ばれるものです。

昔は、エピソード記憶は人間特有のもので、犬にはないとされていました。

しかし現在では、さまざまな実験により犬もエピソード記憶と言える「エピソード的記憶」を持っている可能性が高いと言われています。(*犬は言語を持たず証明が難しいため、現時点では「エピソード的記憶」と呼ばれています)

犬の記憶力は気持ちで決まる

両手で犬の顔をなでる女性

エピソード的記憶の特徴は、たった1回の出来事でも気持ちが大きく動けば記憶として深く刻まれることです。

「楽しかった・嬉しかった」などのポジティブなものだけでなく「怖かった・嫌だった」などの感情も、エピソード的記憶として残ります。

ネガティブな記憶による犬の問題行動とは

注射やシャンプーなど犬にとって必要なものが、ネガティブな感情と関連づいて苦手になってしまうことがあります。

そのため気をつけたいのが、押さえつけて無理やりシャンプーしたり引きずるようにして動物病院へ連れて行ったりするなどの無理強いをしないことです。

ネガティブな感情が繰り返されると、自分を守るために唸ったり、さらに追い詰められると噛んだりするようになることがあります。

犬が「苦手」「怖い」などネガティブに感じる様子を見せたら、褒めてあげる・オヤツをあげる・安心できるように抱っこして撫でであげるなどして寄り添い、克服できるように対処してあげましょう。

犬はポジティブな記憶を忘れにくい

犬はポジティブな記憶の方が強く残りやすいと言われています。

例えば、大好きな飼い主さんがうっかり尻尾を踏んでしまっても、それを記憶して飼い主さんを怖がったりしませんよね。

飼い主さんとのポジティブで幸せな記憶が積み重なっていて、それを忘れないからです。

亡くなった飼い主さんを長い間待ち続ける犬の話も、犬が幸せな記憶を長く持ち続けていることが伝わるエピソードです。

犬の五感と記憶力の関係

犬におやつを与える女の子

犬の記憶には感情が深く関わっています。

では、感情を動かすための情報は何から得ているのでしょうか?

人間が受ける情報の8割は視覚からであるのに対し、犬は2割程度とされています。

ただ、おもしろいことに犬には飼い主の表情の変化を読み取る能力があり、それが記憶とも深く結びついています。

視覚からの情報が少ない中で、飼い主の感情(表情)が記憶に影響を与えているのが愛おしいですね。

記憶が深いのは嗅覚と聴覚

犬は五感の中で、主に嗅覚と聴覚を使って物事を判断しています。

記憶に大きく結びつくのも、この2つです。

例えば、一緒にキャンプに行き、後日また同じ場所を訪れると「ここ、知ってるよ!」と嬉しそうな様子を見せることがあります。

飼い主は主に「視覚」を使って美しい景色を記憶に刻みますが、犬は主に「嗅覚」と「聴覚」で自然の匂いや音を記憶に残します。

その記憶が楽しい思い出と結びつき、久しぶりに訪れても「あの楽しかった場所だと」思い出すのです。

記憶の方法こそ違いますが、飼い主と愛犬は旅行やお出かけの思い出を共有できると言えます。なんだか嬉しくなりますよね。

飼い主を忘れたようにみえる行動の理由

長く入院していた飼い主さんと再会した際、まるで知らない人に会ったかのような反応をする犬がいます。

その理由は、「大きな病気をして痩せてしまった」「車椅子を使用するようになった」などの視覚的な変化よりも、薬品の臭いに反応しているためではないかと言われています。

そのため数日経つと「思い出した」ように見えますが、実際は匂いによる正しい情報を得られるようになったと考えてよいでしょう。

「愛犬に忘れられた?」とショックを受けるかもしれませんが、「嗅覚」からの情報で犬も混乱しています。

飼い主としては久しぶりの再会で抱きしめたい気持ちもあると思いますが、このような場合には無理なスキンシップをせず、「聴覚」による記憶を刺激するために声かけをしてあげつつ、正しい情報を得られるタイミングまで待ってあげましょう。

犬の記憶力を理解して可能性を広げよう

犬のしつけをする女性

犬は人間よりも感情から記憶する部分が大きいため、エピソード的記憶を有効に使うとよいでしょう。

具体的には、「リードを持つ=大好きな散歩」というエピソード的記憶は、毎日の繰り返しの中で手続き記憶として定着します。

リードを持っただけで嬉しそうな様子を見せる犬が多いのはこのためです。

犬に負担のないしつけをしよう

しつけやトレーニングでは、褒めてオヤツをあげるなど犬が「嬉しい!楽しい!」と感じる方法で行うと負担がかかりません。

オヤツは嗅覚と味覚に伴う感情で記憶に関連付けられるため、長期記憶として残りやすくなる有効な方法です。

褒めてもらえる・おいしいオヤツがもらえると思えば、犬は自らその行動を繰り返すようになり、手続き記憶として定着します。

嫌な記憶をぬりかえてあげよう

犬は現在の状況を受け入れる能力が高く、必要に応じて忘れたり記憶を上書きしたりできます。

例えば、「過去に怖い思いをしたから動物病院が苦手」というように嫌な記憶とセットになって特定の場所や人が苦手になった場合は、その記憶を上書きできるのです。

動物病院へいくと特別なオヤツがもらえるなど新しく嬉しい経験を繰り返すことで、時間はかかりますが苦手な物や場所を克服できるでしょう。

また、劣悪な環境下で飼われていた保護犬が、新しい飼い主さんの元で愛情を注がれて暮らすようになると、つらい記憶が上書きされます。保護犬たちが新しい家族と幸せな暮らしができるのは、この能力が大いに役に立っているからです。

ただし感情の伴う長期記憶を改善するためには、あせりは禁物です。

長い目で見ながら幸せな時間を増やし、犬のネガティブな記憶をハッピーな記憶に上書きしてあげましょう。

まとめ

犬と写真を撮る女性

犬と暮らしていると、楽しかったり大変だったり、多くの思い出が積み重なりますよね。愛犬と出会ったことで「豊かな人生になったなぁ」としみじみ感じる飼い主さんも多いでしょう。

「この思い出、愛犬も覚えているのかな?」
「万が一ずっと会えなかったら私のこと忘れちゃうのかな」

そんな疑問の答えは、まだ正確にはわかっていません。

実は、犬の記憶力に関する研究はまだ始まったばかりです。

しかし犬たちの様子を見ていると、記憶に関する能力は高いと感じるはずです。

楽しい出来事や大好きな人を長期間覚えている犬だからこそ、毎日をたくさんの楽しい・嬉しい思い出で彩ってあげましょう。

村田幸音

150 views

ワンコとニャンコ、ハムスターに金魚や鳥たち、ウサギと亀の大家族と育ったフリーライター。現在は、超絶マイペースな柴犬との暮らしを満喫中! 食が細すぎて成長期な...

プロフィール