子犬を「車」で迎える際に準備しておきたい、ペット用品

一口に子犬を迎えると言っても、ペットショップから迎えたりブリーダーさんから迎えたり、保護施設や一般家庭から迎えたりと様々ですよね。

車で子犬を迎えに行く方も多いと思います。

我が家も、ブリーダーさんのもとへ車で子犬を迎えに行きました。

子犬を車に乗せて連れてくる際、道中が長い場合は特に、最低限の備品の準備は不可欠です。

実際に私が車で子犬を家に連れてくる時にあって便利だったもの、準備しておけばよかったと感じたものをいくつかご紹介いたします。

クレート

子犬を車で家に連れて行く際には、子犬は飼い主さんの温もりをより感じられる抱っこか膝の上がベストだと思いますが、ひとりで車を運転して迎えに行かなくてはならない場合、運転しながら抱っこはできませんよね。

そんな時クレートがあると便利です。

あまり大きすぎず、子犬が落ち着ける小さめのものがオススメです。

子犬が身体を伸ばしても大丈夫なくらいのスペースがあればOKです。

こちらのクレートは、通気性も良さそうですし、黒い部分がメッシュになっているので子犬の様子が確認できるのが嬉しいですよね。

また、折りたたみもできるので、使わない時は場所もとりませんし、持ち運びしやすそうですね。

バスタオル

子犬を車の中で抱っこしたり、膝の上に寝かせるのにバスタオルが一枚あると便利です。

またクレートの場合にも、クレートの中に敷いてあげると子犬がより落ち着いてくれると思います。

万が一水をこぼしてしまった際にも役立ちます。

ポリ袋

子犬の排泄物の処理や、その他車の中でゴミが出た際にもポリ袋があると便利です。

私の場合、愛犬が車の中で酔って吐いてしまった際にポリ袋が大活躍しました。

新聞紙やトイレットペーパー

まだトイレのトレーニングをしていない子犬が、車の中で粗相をしてしまうことも珍しくありません。

そんな時に新聞があれば、下に敷くこともできますし、汚物を包むこともできます。

トイレットペーパーで子犬の汚れた部分などを拭くこともできますよね。

ペットシーツ

こちらも子犬が粗相をした際にとても役立ちます。

おしっこや水分を吸収してくれるので、準備しておくと安心です。

飲み水と容器

車での移動が長時間の場合、子犬の水分補給も大切ですよね。

水と容器を持っていくことをオススメします。

容器は子犬が飲みやすければ皿でも小さめのボウルでも良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子犬を車で迎える際に準備しておいた方が良い物を挙げました。

これから子犬をお迎えする飼い主さんに、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

公開日:2019/4/28 最終更新日:2020/10/01

ぴよまる

180,910 views

動物大好きフリーライターのぴよまるです。 小さい頃から動物が大好きで、犬やハムスター、ヒヨコなどに囲まれて生活していました。 現在は双子の姉妹犬2頭と、楽し...

プロフィール