爪とぎの悩みを楽しみに!『猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き』を使ってみた!

爪とぎをする猫

家具や壁で愛猫が爪とぎをすると、飼い主さんはショックですよね。

しかし、猫にとって爪とぎは本能による必要不可欠な行動です。愛猫には適切な場所で気持ちよく爪とぎしてもらいたいですよね。

猫が爪とぎをする理由を考えると、愛猫の不適切な場所での爪とぎ問題を解決するヒントになるかもしれません。

今回は猫が爪とぎをする理由や爪とぎのお悩みを解消する方法と、愛猫だけでなく飼い主さんも楽しめるオススメの爪とぎをご紹介します♪

猫が爪とぎをする3つの理由

爪とぎをする猫

爪のメンテナンス

毎日の食事は飼い主さんが用意をしてくれますが、猫は野生の本能から「狩り」をする欲求があります。

獲物を仕留めるのに欠かせない鋭い爪を保つために、猫は爪とぎをして爪のメンテナンスをしています。

猫の爪は筒状の層になっており、爪を立ててガリガリと引っ掻くことで外側の層が剥がれ落ち、内側の鋭い爪が現れるという仕組みになっているのです。

縄張りの主張

頬や頭をゴツゴツスリスリするのと同じように、猫は爪とぎでも自分の匂いをその場に残しています。

猫の爪や肉球の周辺には臭腺があり、独自のフェロモンが分泌されていて、爪とぎをする際に自分の匂いを残すことで「ここは私の場所です!」と縄張りの主張をしているのです。

動物にとって匂いは重要な情報なので、自分の匂いを残すことは有力なアピールになるのです。

気分転換

「さぁ、やるぞ!」
「緊張するなぁ…」
「イライラしちゃう!!」

猫もさまざまな気分になりますが、野生では平常心を保てないと的確な判断ができず、命の危険にさらされることもあります。

猫は気分がたかぶったとき、その状況と関係のない行動をすることで心を落ち着かせようとします。

そのときに見られる行動の1つが爪とぎで、何らかの理由で興奮した時に突然爪とぎすることがあります。

たしかに、ガリガリと思いきり爪をとぐとストレス発散になりそうですよね。

爪とぎがあるのにどうしてソファーで爪とぎしちゃうの?

ボロボロのソファと猫

爪とぎを用意したのに、爪をといでほしくない場所で爪とぎを続けてしまう……。

猫がどうして爪とぎをするのかを改めて考えてみると、このお悩みを解決できるかもしれません。

ソファーは部屋の中で目立つものだから

お部屋の中心にソファーを置いているご家庭が多いのではないでしょうか。

ソファーは比較的に大きな家具で、お部屋の中で結構目立つ存在です。

さらにソファーはご家族や愛猫がくつろぐ「居場所」でもあります。

お部屋の中で目立つ場所は猫にとってマーキングをしたくなる場所で、愛猫が「私の場所よ!」と主張したい居場所になっていることも原因として考えられます。

お気に入りの場所だから

ソファーはもともと高さがあり、背もたれは座面よりももっと高い場所です。

猫は高い場所に安心を感じやすいため、背もたれに乗ったり歩いたりするのが好きな猫ちゃんも多いです。

自身のお気に入りの場所であるソファーを「ここは私の場所よ!」とアピールしたくて爪とぎをするということも考えられます。

ソファーの素材が好み

爪の引っかかり具合や形状など、爪とぎ台の材質に猫それぞれ好みがあることが考えられます。

もしかすると、飼い主さんが用意した爪とぎ台よりもソファーの素材の方が気持ち良く爪がとげるのかもしれません。

愛猫が不適切な場所で爪とぎをする場合、その場所の素材や形状を観察して愛猫の爪とぎの好みを探ってみましょう。

横向きで爪とぎするのが好き

背もたれや肘掛けの上部で爪とぎをしている場合、愛猫は横向きで爪とぎをするのが好きである可能性があります。

今ある爪とぎ台が縦型のみの場合、愛猫にとってその爪とぎ台よりもソファーの方が爪とぎしたくなっているということが考えられます。

愛猫の爪とぎを「悩み」から「楽しみ」にする方法

爪とぎを破壊して遊ぶワンパクな猫

家具よりも快適な爪とぎ場所を用意する

犬と違い、猫の行動をしつけで抑制するのは難しいところです。

ダメよ!と伝えるよりも、快適な爪とぎ場所を用意してあげる方が効率的です。

もしかすると、家の中で爪とぎできる場所や「爪とぎしたい!」と思える場所がそこしかなくて、仕方なく不適切な場所で爪とぎしているのかもしれません。

家具よりも気持ち良く爪とぎできる場所があれば、自ずと適切な場所で爪とぎをしてくれるようになるでしょう。

爪とぎしたくなる場所に置く

愛猫に適切な場所で「爪とぎしたい!」と思ってもらうには、爪とぎを置く場所にコツがあります。

猫が爪をとぐ理由の1つに「縄張りの主張(マーキング)」があります。

猫がどこで縄張りを主張したくなるかというと、空間の境目付近です。

玄関・窓・ドアの近く・部屋と部屋の境目など「空間が切り替わる場所」の近くに爪とぎを置いてみましょう。

また、爪とぎは1つだけではなく複数を点在させることで「目につきやすくする」「爪とぎしたい時にそこにある」という状況を作ることがポイントです。

オシャレな爪とぎを選ぶ

猫にとっては、爪とぎのオシャレさよりも使い心地の方が重要です。

しかし飼い主さんにとっては家の中に何個も点在させるとなると、できるだけインテリアに馴染むデザインの爪とぎにしたいですよね。

「邪魔だから、目立たないところに1つだけ」では、愛猫にとって快適な爪とぎスペースではなくなってしまいます。

飼い主さんも愛猫もハッピーになるために、愛猫が爪をとぎやすく、なおかつ飼い主さんも心地よくなるデザインの爪とぎを選んでみてはいかがでしょうか。

愛猫も飼い主さんも楽しいオススメの爪とぎ

使う愛猫も満足、見る飼い主さんも楽しい!そんな爪とぎがありました♪

愛猫とおうち時間をもっと一緒に楽しめる爪とぎをご紹介します。

Pet ami『猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き』

猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き
■ユーモラスなたたずまいの『猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き』

ホームセンター「コメリ」のオリジナルブランド「Pet ami(ペットアミ)」より、愛猫も飼い主さんも楽しめる爪とぎが発売されました。

『猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き』はサメ型の爪とぎで、素材はボール紙。愛猫の興味を惹くマタタビ粉が付属しています。

幅50×奥行き23×高さ25cmと大きすぎず小さすぎずの適度なサイズ感で、耐荷重は約5kgです。

おうち時間を愛猫と一緒に楽しむ爪とぎ

今までの猫の爪とぎと言えば、板状や円柱状がほとんどでしたよね。

Pet Amiはこの点に着目して「見ている飼い主さんも楽しめる爪とぎ」の開発を目指しました。

おうち時間が増えた近年、愛猫が爪とぎを使っている時に「思わず写真を撮りたくなる」ような可愛く見えるデザインで誕生したのがPet Amiの『猫の爪とぎ』シリーズです。

平置きでも立て掛けても使える

こちらの爪とぎはサメが泳ぐ姿勢で平置きするほか、壁面に立て掛けて置くことも可能です。

横向きに爪とぎするのが好きな子、立ち上がってバリバリするのが好きな子の両方に対応できますね。

平置きでは、サメの背中部分と口の中の2箇所で爪とぎを楽しめます。

猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き
■サメの口の中でも爪とぎができちゃう!

口の中は筒状になっており、中でも爪とぎが可能です。狭いスペースが好きな子はワクワクしてくれそうですね!

愛猫ワクワク!飼い主もカメラを構えてワクワク!

猫の爪とぎ シャークタイプと猫
■んん~?これは何ニャ~~~?

いざ開封の儀を執り行った直後、さっそく愛猫たちのチェックが入りました。

我が家のヤングボーイ・黒猫ネロ氏は最も興味津々で、サメさんを全身くまなくチェッキング。

猫は好奇心が旺盛で、目新しいものへの興味が強い傾向があります。我が家の場合、最初のうちはマタタビ粉を使わなくても興味津々な様子です。

続いて茶トラボーイ・オム君がやってきました。オム君はひたすらスリスリの儀式……匂いをチェックしている姿が、サメさんとキッスしているかのようで可愛いです。

猫の爪とぎ シャークタイプと猫
■はて、これは何ニャ?と、匂いチェック。そしてサメにチュッ?

立て掛けて置いてみました。我が家の爪とぎはポール状の縦型タイプなので、立て掛けた方が爪とぎと認識しやすいのかもしれません。

爪とぎをする猫
■わかった!これは爪とぎニャ!きーもちいーい!バリバリ!

サメの背が立体的なので、ポール状や板状よりも爪とぎしやすそうです。

キター!私の狙い通りに使ってくれるネロ氏に感無量!

猫の爪とぎ シャークタイプと猫
■中でも爪とぎできるのかニャ?

このように、愛猫がサメの口の中に入るとまるでサメに食べられちゃっているかのような格好になります。

この瞬間がまさにシャッターチャンス!使う愛猫だけでなく、飼い主さんもその姿を見て楽しめるのが魅力です。

口の中におもちゃのボールを入れてみたところ、オム君の好奇心をくすぐったようです。

この筒型の形状にグッとくる猫ちゃんも多いのではないでしょうか。

猫の爪とぎ シャークタイプと猫
■上半身食べられてみたニャ!

ボリューミーなオム君がガブリと食べられちゃってる…!

ふたりがたっぷりとチェックした後、ついに我が家の女王陛下・レディさんが動きました。

レディさんは横向きで爪をとぐのが好きなので、平置き状態がお好きな様子。

爪をといだ後、サメさんの背に乗ってドヤ顔…!女王の威厳を感じつつ、大満足のご様子でした。

まとめ

猫の爪とぎ シャークタイプと猫
■いいものを手に入れたニャンね♪

猫にとって爪とぎは本能的に必要な行動の1つです。

満足に爪とぎができないと愛猫のストレスになるほか、家具や壁などをボロボロにされてしまう恐れがあります。

愛猫との暮らしにおいて、適切に爪とぎできる場所を用意してあげることが大変重要です。

爪とぎは猫が使うもので飼い主さんが使いませんが、家の中に置くものなのでそのインテリア性も重要ですよね。

今回ご紹介したPet ami(ペットアミ)の『猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き』は見た目のおもしろさだけでなく、飼い主さんが爪とぎをする愛猫を見て楽しめるところが魅力の爪とぎです。

おうち時間が増え、愛猫との時間が増えた飼い主さんも多いことと思います。

飼い主さんも愛猫も楽しめる爪とぎで、おうち時間をもっと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

『猫の爪とぎ シャークタイプ マタタビ粉付き』はコメリのオンラインショップで購入することができますよ。

chii

293,576 views

毛玉ライター/犬猫飼養アドバイザー 京都造形芸術大学卒。 家畜獣医師だった祖父がきっかけで、幼少期より毛玉(動物)好きのライター。 現在は犬猫と暮らしながら...

プロフィール