Hello! Aquarist出張版Vol.15★水草の生長と向き合う、安らぎの時間

水槽のあるリビング
アクアライフ

Hello! Aquarist出張版 第15回は、小型水槽で水草の育成を楽しむBさんをご紹介します♪

※アイキャッチ写真はBさん宅のリビング。グリーンと木目調で統一された生活空間に水草水槽がマッチ。手前に見えるソファでくつろぎながら水景を眺めれば、疲れも吹き飛びそう!

水草の生長と向き合う、安らぎの時間

照明の下で水草の緑をふわりと輝かせる、いくつものアクアリウム。

Bさんのお部屋には、60cmから手のひらに乗るグラスまで、バリエーション豊かな水槽が並んでいます。

「ここに座ってワインを飲みながら水槽を眺めるのが、至福のひと時です(笑)」

どの水槽も水草に生気が感じられ、見る者に元気を与えてくれるような心地よさがあります。

「……でも、最初は全くダメだったんですよ。この45cm水槽も、初めて立ち上げた時は水草がうまく育たなくて。悩みながら少しずつ問題を解決して、ここまでこれたんです」

水槽

「この水槽に、いろんなことを教えてもらいました」とBさんがいう45cm水槽は有茎草の多様な草姿を楽しめるレイアウト。

上部中央付近に赤い葉裏を覗かせるエキノドルスをセンタープランツに据えて組み立てています。

現在ではコケもほぼ出ないといい、調子のよさがうかがえます。

アピストグラマ・アガシジィ
■45cm水槽に泳ぐアピストグラマ・アガシジィ

45cmから入ったレイアウトの世界

Bさんと水草レイアウトの出会いは、2018年に東京で開催された『NATURE AQUARIUM展』だったのだとか。

そこで水草の世界に感銘を受け、導入したのが前述の45cm水槽。

水草レイアウトとしては小型といっていいサイズでしょう。

当時はワンルームタイプの部屋に住んでいたため、60cm水槽には少し圧迫感を感じたというのが、このサイズを選んだ理由です。

「石や水草をただ置いておけばいい、始めたばかりの頃はそう思っていたんです。でも、それでは水草は育たなくて。素材の配置や照明を変えたり、試行錯誤を繰り返して……この水槽から、いろいろ教えてもらいました」

お店で質問したり、雑誌やコンテスト出品作品を参考にしたりしながら、水草が健康に育つ環境を構築していきました。

小型水槽ならではの難しさ、面白さ

45cmや60cmのレイアウトを維持する傍ら、より小型のレイアウトも楽しんでいるBさん。

球形のボトルをはじめとしたこれらの水槽は”パイプ類を付けない“こと、そして長期維持することを前提に制作しています。

CO2やフィルターの助けを借りずに環境のバランスをとるという、ある意味ハードルを設けて維持しているのです。

「小型水槽は水量が少ない分、やったことに対する反応が大きいですね」

ある日突然コケが出たりすることもあるといいますが、原因を推測し都度対処しています。

愛着を持ち管理された小型水槽は、そんなエピソードを聞くほどにいっそう輝いて見えました。

小型水槽

写真右の10リットル以上の水量があるガラスのフラワーベースは養分の少ない珪砂を敷いてるため、水草の生育が悪い時期もありましたが、固形肥料を少量埋め込むことで解決したそうです。

4日に1回、1/3程度の換水で維持しています

写真左は、30×18×H12cmのネオグラス エアによるレイアウト。

水草水槽

水上に植えられたコブラグラスが、徐々に水中へと進出してきているのが面白く、小さな水辺でせめぎ合う植物たちの生命力が感じられます。

オレンジチェリーシュリンプ
■H12cm水槽の水辺に棲むオレンジチェリーシュリンプ

こちらのお宅が掲載されている雑誌は?


【Amazon購入】月刊アクアライフ 2021年 02 月号 ちいさな水槽のはじめ方

熱帯魚や水草に興味がある方におすすめの本

月刊アクアライフ2021年10月号(最新号)


【Amazon購入】アクアライフ 2021年10月号

はじめての熱帯魚飼育


【Amazon購入】はじめての熱帯魚飼育 魚を上手に飼うために必要なもの必要なこと (アクアライフの本)

熱帯魚を飼いたいけれど、実際に飼育するとなるとわからないことだらけ…。

そんな方に、のアクアリウム専門誌「月刊アクアライフ」の編集部が懇切丁寧に熱帯魚飼育について解説します。

新装版 レイアウトに使える-水草500種図鑑


【Amazon購入】新装版 レイアウトに使える水草 500種図鑑 (アクアライフの本)

水草500種を厳選して紹介した永久保存版の水草図鑑です。

水草のそれぞれの長所や育成方法が詳しく解説されています。

新版・かんたん きれい はじめての水草


【Amazon購入】新版・かんたん きれい はじめての水草 (水草を上手に育てるためのノウハウ満載)

はじめて水草を育成する方には「新版・かんたん きれい はじめての水草」がおすすめ。

初心者の方にもわかりやすい入門書です。

水草レイアウト制作ノート


【Amazon購入】水草レイアウト制作ノート: 緑のアクアリウムの作り方 (アクアライフの本)

水草のプロレイアウターの「水槽のセッティング~仕上げ」までの過程を、各水槽のサイズ別に紹介しています。

プロレイアウターの技が詰まった一冊です。

レッドビーシュリンプの飼育Q&A100


【Amazon購入】レッドビーシュリンプの飼育 Q&A100 (アクアライフの本)

レッドビーシュリンプを初めて飼う人におすすめの書籍。QA形式で飼育をやさしく解説しています。

取材希望者募集中!

我が家のアクアリウムも紹介して欲しい!取材に来て欲しい!という方は、アクアライフ本誌やエムピージェー公式サイトの愛読者アンケートフォームなどから応募することもできます。

下記ページからアクセスしてください。

記事提供:月刊アクアライフ