いつもの遊びを『おしごと』に!愛犬の『出来た♪』を増やそう!

トレーニング・しつけ

こんにちは♪マルプーお嬢ママです(*^-^*)
みなさんはお部屋の中で愛犬とどのような遊びをしていますか?

我が家ではよく、『コマンド』を使った遊びをしています。
『コマンド』とは、『おすわり』や『マテ』などを指示する言葉のことです。
『コマンド』は指示に従って欲しいときだけではなく、『遊び』としても『絆を深めるツール』としても使うことが出来ます。

愛犬との絆を深める『コマンド』の、いろいろな使い方をご紹介していきたいと思います!

コマンド練習は立派な遊びになる

いま出来る『コマンド』を使った遊びに少し新しい要素を加えるだけで、
愛犬がより楽しく遊べる『遊び』に変身させることが出来ます。

お嬢の場合は、『イェ~イ!』という『ハイタッチのコマンド』を遊びのなかで覚えました。
それからは遊びのなかで上手に出来たことがあると『イェ~イ!』と言って、私とハイタッチをします。
『イェ~イ!』でハイタッチ=『出来た♪』という方程式を理解しているかのように、
ドヤ顔交じりの嬉しそうな表情をします(笑)

『マテ』や『ハウス』など、生活のなかで『直接役に立つコマンド』だけでなく、
『愛犬が楽しくなるコマンド』や『愛犬と意思疎通を図れるコマンド』を使うことで、
愛犬との絆がより深いものになると実感しました。

いつもの遊びを『おしごと』に変換

どんな『ウチの子』も『褒められる』ことが嫌いな子はいませんよね。
『褒められる』と自信満々で張り切ることも多いのではないでしょうか?

そこで私は、『コマンド』を使えば簡単に出来ることを、『おしごと』に変換してお嬢と遊んでみることにしました。
基本的にお嬢が理解している単語を使い、たまに知らないであろう単語を入れてみます。
お嬢は『お姉さん』と呼ばれると、なぜか張り切る傾向があります(笑)
その傾向を利用して、『持ってきて』や『ちょうだい』でオモチャを持ってきてもらうことを『おしごと』風にアレンジしました。

『ちょうだい』でオモチャを持ってきてもらう→『イェ~イ!』でハイタッチ&褒める→『お姉さん、この子一緒にハウスしてあげて?』→オモチャを咥えて一緒にハウスしてダウンで待つお嬢→『ありがと~!お姉さんすごいね!!』と感謝&褒める

持ってくることは出来ても、片付けることが出来なかったお嬢。
テンションのあがる言葉や理解出来ている単語を使い、『ありがとう!』と感謝することで、
お嬢は片付けることが出来るようになりました♪。

これはママの悪ノリなのですが、『マッチ売りの少女ごっこ』もします(笑)

マッチ売りの少女ごっこと言っても、バンダナを頭に括ったビジュアルがマッチ売りの少女っぽいというだけなのですが、
オモチャをマッチに見立ててママが楽しんでいます(笑)
お嬢は『もう1個』という言葉が分かるので、『もう1個くださいな』と言うと『もう1個』の部分に反応して、
一生懸命違うオモチャを持ってきてくれます(´▽`*)
最後に私の周りはオモチャだらけになっています(笑)

『おてつだい』で愛犬と共同作業

愛犬に『おしごと』をさせるだけでなく、『おてつだい』も『ここはあたしの担当だ!』と言わんばかりに張り切ってくれます。
上手に出来て『イェ~イ!』の後褒められると、やはりドヤ顔交じりのいい表情を見せてくれるお嬢です♪

例えば、寝る前に掛け布団を直すときは毎回『おてつだい』をしてもらいます。
お嬢は目が不自由なのですが『お布団直すの手伝って!こっちからやるよ~(直す側をポンポン叩く)』と、
反対側の邪魔にならない位置に移動して『おすわり』して待ちます。
『今度はこっちやるよ~』と言うと、ポンポンしなくても反対側に移動して『おすわり』で待ってくれます。

実際には『ハウス』させ、自分で直した方が早く直せてラクです。
でも愛犬に『おてつだい』をしてもらい一緒に何かをすることは、愛犬の達成感はもちろん、
ママとしても絆が深まる気がして楽しく嬉しいのです(*^-^*)

試しに一度『おてつだい』を使って、愛犬との共同作業を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

理解できる単語を増やそう

愛犬は覚えて欲しい単語以外にも、こちらとしては覚えてもらうと不都合な単語も覚えてしまいますよね。
例えば『食べる』や『行く』、『帰る』など愛犬の前では違う表現をしないと期待を持たせたり、
帰りたくない!と頑なに拒否するようになってしまったり・・。
愛犬は私たちが話す会話を『わかる言葉はないかな?』『喧嘩していないかな?』『なんの話をしているのかな?』などと、
耳を動かして一生懸命聞いているのです。

私は一緒に寝るときに毎日お嬢に話しかけます。
お嬢への質問だったり、その日の愚痴だったりいろいろなことを、出来るだけ簡単な言葉づかいで話します。
お嬢にとっては『もう寝ようよ(;´・ω・)』という日も多いかもしれませんが、
その語りかけによっていろいろな単語を覚えたのも事実です。

一緒に生活する上で、一緒に遊ぶ上で、絆を深める上で、
理解できる単語が多いに越したことはないと思います。

私たちは犬語が話せませんし、愛犬は人間語が話せません。
だからこそ『共通して理解できる単語』はとても大切だと思います。

我が家は、一定のルールを保ちながら、お互いが楽しく生活していくために、
『コマンド』や『遊び』、『おしごと』や『おてつだい』、そして『会話』を通じて、
たくさんのコミュニケーションを取っています。

みなさんも是非、愛犬との遊びに『コマンド』『おしごと』『おてつだい』『会話』取り入れてみてくださいね。
楽しいですよ♪

そして、笑顔でたくさん褒めてあげてくださいね♪

関連記事一覧