猫の毛色と性格には関係がある?

エッセイ

と触れ合うと、その性格の多様さに驚くことがあります。

自分が猫に対して抱いていたイメージが覆されたり、時にはイメージ通りで笑ってしまったり

これから猫を飼おうとしている人にとっては、長く一緒に生活する家族になるのですから、性格は気になるところですよね。

人間と同じように、猫の性格も十人十色

この種類だからこう、と言えるわけではありません。

ですが、毛色によってある程度性格が決まってくるとも言われています。

今回は、毛色ごとの特徴的な性格をご紹介します。

毛色が性格に影響すると言われるのはなぜ?

猫の毛色は、親が持つ遺伝子によって決まります。

ベースカラーはホワイトやブラック、チョコレート、レッドなどで、体全体の色を決定します。

例えば、両親ともにホワイトの遺伝子を持つ場合は白い子が産まれます。

どちらかがカラーの遺伝子を持っているとしても、白は優勢遺伝のため、白い子が産まれる確率が高くなります。

他にも体の模様を決める遺伝子によって、キジやサビ、サバなど色々な柄の子が産まれます。

同じ毛色の子は同じ遺伝子を持つため、ある程度性格が決まってくると言われているのです。

毛色ごとの性格

単色系

全身が一色の白猫黒猫。外見は正反対ですが、性格はどうなのでしょうか?

まず白猫ですが、この色は野生ではとても目立つ色です。敵に襲われるリスクが高かったのも関係するのか、注意深く賢い、繊細な子が多いようです。プライドが高いとも言われます。

一緒に暮らす際はストレスを溜めないよう、気を配ってあげる必要があるかもしれません。

次に黒猫ですが、全身真っ黒の子もいれば、茶色や白が混じっている子もいて個体差があります。

基本的におおらかで優しい性格の子が多いようです。猫にも人にもフレンドリーで、仲良くやっていけるので、猫を初めて飼う人にもおすすめです。

白猫と黒猫は見た目も性格も正反対なんですね。

2色系


■茶白の猫

2色の猫と言えばよく見かけるのは茶白白黒です。

茶白は白をベースに、顔や足に明るい茶色が混じっています。日本に昔から存在する雑種にも茶白はよく見られます。

アメリカンショートヘアやマンチカンなどの純血種にも、茶白は認められています。

性格は活発で争いを好まず、協調性がある子が多いようです。

人に愛される性格をしていると言えますね。


■白黒の猫

次に白黒ですが、色の割合によって多種多様な柄の子がいます。

よく見られるのは額が八の字のように分かれている子で、ハチワレと呼ばれています。

性格は、白と黒どちらの割合が多いかで決まってくるようです。

白が多い場合は神経質で賢く、黒が多い場合は甘えん坊で穏やかな子になるようです。

私の経験では、初めて会った白黒の子は真っ黒の子より警戒心が強いように感じました。しかし、一度信頼関係を築くと一気に甘えん坊になるとも言われているので、根気強く接してあげましょう。

模様系


■キジトラ

キジトラサバトラ三毛サビなどの模様が入った子の性格をご紹介します。

まずキジトラは、茶色の毛に黒い縞模様が入っていて、鳥のキジと虎が混ざったような見た目からそう呼ばれています。

キジトラは歴史が古く、日本で最も多い柄と言われています。

野性味がある猫で、用心深いですが甘え上手な一面もあります。

長時間構われるのは苦手で、べったり甘える感じではないので、猫らしい性格と言えるかもしれません。


■サバトラ

キジトラと似た柄にサバトラがいます。

グレーの毛に黒い縞模様が入っていて、鯖に色が似ていることからこの名前が付きました。

キジトラと他の種類の猫の交配によって生まれたのが始まりとされています。

性格は2パターンに分かれ、警戒心が強く慎重な面と、人懐っこい面があります。

どちらの性格が強く出ているか見極めて接してあげると良いでしょう。


■三毛猫

白、茶、黒の毛を持つ三毛猫は、日本ではポピュラーですが海外では珍しいようです。

三毛猫は基本的にメスのみで、オスは3万匹に1匹しかいないと言われています。

三毛猫の性格を一言で言うと、女王様です。

プライドが高くツンデレ、好き嫌いがはっきりしている子が多いです。

お猫様に仕える感じがいいという人にはぴったりかもしれませんね。


■サビ猫

赤、茶、黒の毛を持つサビ猫は、その色合いから引き取り手が見つかりにくいということがあるようです。

三毛猫と同様、ほとんどがメスでオスは珍しい存在です。

性格は賢く、甘えん坊。知らない人相手には引っ込み思案なところもあります。

ハードな見た目とは裏腹に、可愛らしい中身とのギャップがたまりません。

まとめ

毛色ごとの性格をご紹介しましたが、いかがでしたか?

すでに猫を飼っているなら、確かに当たってるかも…と思われたかもしれません。

また、これから猫を飼おうと考えている人にとって、相性の良い子を選ぶ参考になれば嬉しいです。

同じ毛色の子でも性格はそれぞれなので、接する際は個性を尊重し、伸ばしてあげることを意識してみてください。

イルリ

254 views

フリーライターのイルリです。 以前にゴールデンハムスターの女の子を飼っていました。 犬も猫も大好きで、仲良くなる秘訣を調べては日々実践しています(笑) 犬な...

プロフィール

関連記事一覧