• HOME
  • , 読み物
  • 猫と暮らすボランティア in アメリカ:①2匹の保護猫との出会い

猫と暮らすボランティア in アメリカ:①2匹の保護猫との出会い

子猫

飼い主さんにはそれぞれ、ペットと最初に出会った日の思い出があるかと思います。

アメリカ、ペンシルベニア州のフィラデルフィアに住む我が家の場合は、アニマル・シェルターの「フォスター」というボランティア活動で2匹の保護猫と出会いました。

アニマル・シェルターのボランティア活動について説明しつつ、我が家の猫との出会いエピソードをご紹介します。

ボランティア活動「フォスター」とは?

窓辺に座る子猫

みなさんには「ペットは欲しいけど、飼うのは大変かなあ」と悩んだ経験はありませんか?

動物を飼うということは、家族同様に最期まで一緒に暮らすということです。

我が家では、猫を飼いたいと思っていましたが、その責任を考えて、ためらっていました。

その話を友人にしたところ、それなら、アメリカにはフォスターと呼ばれるアニマル・シェルターのボランティア活動があるけど、やってみたらどうかしらとの回答でした。

このフォスターとは、アニマル・シェルターに届けられた猫や犬を数か月の間、または里親が見つかるまでの間、自宅で世話をするボランティア活動になります。(※アニマル・シェルターによって、多少、条件は異なります。)

アニマル・シェルターには、毎日動物が運ばれてくるため、すぐにいっぱいになってしまいます。

フォスターが動物たちを一時的に預かることで、新しく保護される動物のための空きを作ることができます。

猫にとっては、ボランティアの人と一緒に生活することにより、人間との生活に慣れて社会性を身につけたり、トイレの仕方などを覚えたりすることができます。

我が家の選んだアニマル・シェルターでは、世話をする猫や犬を実際に見て選ぶことができました。

また、アニマル・シェルターには獣医さんもいて、世話をしている猫や犬は無料で診療してもらえます。

フォスターの負担として、ペットフードなどの必需品を自身で購入する必要があるそうです。

子猫は里親が早く見つかるケースが多く、毎月入れ替わりで、新たな子猫のお世話をしているボランティアの人もいるそうです。

期限付きで猫を飼う体験ができて、獣医さんのサービスも無料で受けられるので、我が家はフォスターのボランティア活動を始めてみることにしました。

どうやってフォスターを始めるの?

フォスターのボランティア活動の始め方について説明します。

アニマル・シェルターを探す

アニマルシェルター

アニマル・シェルターによって、フォスターのボランティア活動の条件等は多少、異なります。

また、ボランティア活動中に、世話をしている動物と一緒にアニマル・シェルターに出向く場合もあります。

これらを考慮して、アニマル・シェルターを選ぶ必要があります。

オンラインで申し込む

アニマル・シェルターが決まったら、次は、アニマル・シェルターのホームページからオンラインで申し込みます。

オンライン申し込み欄に、名前や住所などを入力します。

また、世話をしたい動物についてや、自宅で既にペットを飼っているか、そのペットの予防接種の有無などの質問に回答していきます。

申し込みは10分程度で終わる内容です。

アニマル・シェルターを訪問する

オンラインで申し込んだ後に、アニマル・シェルターを訪問します。

アニマル・シェルターの受付時間は午後のみの場合もありますので、可能な時間を確認する必要があります。

週末も受け付けている場合が多いです。

担当者の方はボランティアの人の経験や要望に応じて、世話をする子を紹介してくれます。

世話をする子を決めたら、書類にサイン等をして、自宅に連れて帰り、ボランティア活動が始まります。

我が家のアニマル・シェルター訪問

アニマルシェルター

担当者との面談

ドキドキしながら、アニマル・シェルターを訪問すると、担当者の方はまさかの日本人でした!

我が家では猫を飼ったことがなく、不安があることなどを説明しました。

担当者の方からは「飼い方のマニュアル等もあるので、始めての方でも大丈夫ですよ。」とのお話がありました。

ホッとしたものの、この日からボランティア活動を始めることになり、少しあたふたしてしまいました。

我が家では、この日は今後のスケジュールを決めるものと思っていました・・・。

そのため、猫のベッドやトイレ用品、エサ等をまだ準備していないと伝えると、

担当者の方がシェルターにあるものをくださり、「今日からでも大丈夫ですよ。」とニッコリされました。

保護猫との出会い

2匹の子猫

担当者の方の説明が終わり、事務所から保護された猫のいる部屋に移動することになりました。

ドキドキしながら部屋に入ってみると、たくさんのケージが並んでいました。

そして、担当者の方からそれぞれの猫の説明を受けていると、母猫と生まれたての子猫が運ばれてきました。

母猫のいない生後数週間の猫には、シェルターの人が数時間おきに授乳しているそうです。

我が家では常に家にいて、数時間おきに授乳するのが難しいので、離乳している猫を世話することになりました。

担当者の方から、数時間前に運ばれてきたばかりの生後1ヵ月の兄妹猫を紹介されました。

この2匹の子猫と目が合った瞬間に、我が家でお世話することに決めました。

オスのマクシーとメスのビーナスの兄妹猫です。

2匹の猫をお世話できるなんて、2倍の可愛さを体験できることになりますよね!

自宅へ

2匹の子猫

猫のメディカル・チェックと予防接種を済ませて、「I LOVE CATS」と書かれた箱の中に入った子猫と一緒に自宅へ帰りました。

この日から我が家のボランティア活動が始まりました!

まとめ

飼い主さんにはそれぞれのペットとの出会い方がありますが、我が家の場合、ボランティア活動という日本では珍しい出会いでしたので、紹介させていただきました。

次回はボランティア活動中の猫たちとの生活について、お話します。

mie

749 views

1年間のニューヨーク生活を経て、今現在はフィラデルフィアに住んでいます。 旦那さんと2匹の猫とのんびり暮らしています。 この2匹の猫とは、動物シェルターのボ...

プロフィール