• HOME
  • , 読み物
  • ゴールデンレトリバーってどんな犬?知っておきたいゴールデンレトリバーの基本情報

ゴールデンレトリバーってどんな犬?知っておきたいゴールデンレトリバーの基本情報

ゴールデンレトリバー

大型犬の中でも、ペットとして人気の高いゴールデンレトリバー。

我が家にもゴールデンレトリバーのミックス犬が2頭いますが、笑顔のような表情をたくさん見せてくれフレンドリーなのが印象的です。

今回は、ゴールデンレトリバーの歴史や性格、飼育のポイントなど、ゴールデンレトリバーの基本情報をまとめました。

歴史

笑うゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーの原産国はイギリスと言われています。

19世紀中旬ごろ、スコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵(トゥードマウス卿)が、小型のニューファンランドとツィード・ウォーター・スパニエルを交配させて生まれたのが起源とされているようです。

当初はフラットコーテッド・レトリバーとして登録されていました。

1911年頃にはゴールデンレトリバー、またはイエローレトリバーと呼ばれていたようです。

その後1920年にゴールデンレトリバーとして名称が統一されました。

大きさ

ゴールデンレトリバーと言ったらまず「大きい!」といった印象をもたれる方が多いのではないでしょうか。

もちろん大型犬として分類されています。

体重や体高は個体差がかなりありますが、平均的な体重はオスで約29~34kg、メスで24~29kg前後です。

体高はオスの平均が約58~61cm、メスの平均が52~57cm前後です。

ほとんどの犬種に共通していることですが、ゴールデンレトリバーもオスの方がメスより体格が大きい傾向があります。

毛色

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーと言ったら皆さん「ゴールド」一種類のイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。

日本でも最も多く飼われているのが「ゴールド」ですよね。

ゴールドの中にも個体差があり赤みの強いゴールド、薄い色合いのゴールドなど様々です。

実はゴールデンレトリバーの毛色には「ホワイト」も存在します。

「ゴールド」がアメリカ系に対して「ホワイト」はイギリス系です。

クリームに近い毛色の子もいます。

体の特徴

ゴールデンレトリバーの被毛は長毛で毛並みはウェーブがかっています。

アンダーコートは防水性に優れていて密集して生えています。

頭部は大きく、耳は垂れ耳で、瞳は優しいアーモンド形です。

陸でも水のある環境でも、鳥などを潰さないように咥えて長時間活動することができます。

寿命

大型犬は小型犬に比べると、平均寿命が短くなる傾向があります。

大型犬であるゴールデンレトリバーの平均寿命は10~12歳くらい言われています。

しかし、現在では飼い主の健康志向も高く、15歳くらいまで長生きするゴールデンレトリバーもたくさんいます。

性格・気質

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーはとても人懐っこく、人間の気持ちに寄り添える温厚な性格です。

そのため大型犬の中では最も飼いやすい犬種だとも言われています。

個体差もありますが、海や川など水で遊ぶのが大好きで、「レトリバー(獲物を回収するように訓練された狩猟犬)」と言う名前の通り、ボールや棒などを咥えて運んでくることが大好きです。

ゴールデンレトリバーはとても賢く、トレーニングや訓練にも向いています。

無邪気で陽気な一面もあり、人と触れ合うのが好きで、とても友好的です。

寂しがりの一面もあります。

飼育のポイント

環境

ゴールデンレトリバーは体が大きいため、飼育する際には広いスペースが必要になります。

力も強く、子犬の頃は特に破壊王なので、ケージは大きくて頑丈なものを選ぶと良いでしょう。

運動量

ゴールデンレトリバーは大型犬で体力があるので、多くの運動が必要です。

1日2回30分~1時間ほどの散歩にくわえ、ボールやフリスビーなど、体を適度に動かす遊びを取り入れてあげることをオススメします。

お手入れ

ゴールデンレトリバーは被毛に油分が溜まりやすいこともあり、皮膚トラブルを起こしやすい犬種です。

ですので、低刺激でアレルギーに対応している無添加シャンプーなどを使うことをオススメします。

毛が絡まりやすいので1日2回ほどブラッシングしてあげましょう。

シャンプーは2週間に1回程度行い、体を清潔に保つよう心掛けてくださいね。

気をつけたい病気

大型犬に多く見られる「股関節形成不全」は気をつけたい病気のひとつです。

子犬のから成犬に成長する過程など体重の急激な増加により股関節に負担がかかってしまうことがあります。

垂れ耳の犬に多く見られる「外耳炎」にも注意が必要です。

また、悪性の腫瘍である「血管肉腫」や、アレルギー性の皮膚炎、胃捻転なども気をつけたい病気としてあげられます。

まとめ

ゴールデンレトリバー

体格も大きく、力も強いゴールデンレトリバー。

その反面、寂しがり屋で温厚、人懐こいところがゴールデンレトリバーの魅力です。

無邪気で陽気な一面もあり、人間の気持ちに寄り添うことのできる優しい性格です。

股関節形成不全や血管肉腫、外耳炎など気をつけたい病気もいくつかあります。

運動を適度にさせ、体を清潔に保つことが大切です。

たくさんの魅力で溢れたゴールデンレトリバー。愛情を持って育てれば、かけがえのない家族になってくれること間違いなしです♪

ぴよまる

107,969 views

動物大好きフリーライターのぴよまるです。 小さい頃から動物が大好きで、犬やハムスター、ヒヨコなどに囲まれて生活していました。 現在は双子の姉妹犬2頭と、楽し...

プロフィール