幸せの連鎖を目指して…手作りアクセサリーの制作販売で動物保護団体に寄付をしているお話

アクセサリー

みなさまこんにちは!
ReCheriライターchiiです。

世間では空前のハンドメイドブームが続いていますよね!

中には主婦作家の方も大変多く、プロ顔負けの素敵なアクセサリーやバッグなどを作っていらっしゃる方も多いです。

かく言う私もアクセサリーを作ることにはまっており、ライター業の傍ら(かたわら)でひっそりと販売なんかもしています。

私はお裁縫に関してはてんでポンコツなので、主にボタンやレジンを使用したピアスやブローチを作っています。

作ることが好きなのですが、どんどん作ったものが溜まっていってしまう問題が発生してしまったことが販売のきっかけです。

そして、どうせ販売するならば収益の一部を保護犬や保護猫たちのために寄付することを思い付きました。

「誰かのためになれるかもしれない」という意識が、アクセサリー作りを趣味で終わらせないモチベーションとなっています。

今回は私の作品の中で「猫モチーフ」のピアスとブローチと、寄付の活動内容をご紹介します。

にゃんこピアスセット

猫のお顔と肉球モチーフのピアスセットです。

猫のお顔はパールとビーズでちょっぴりユルい雰囲気に、肉球はひとつひとつ違う色のビーズを詰め込んでぷっくり感を表してみました。

第一作目として白猫ちゃんを作りましたが、現在違うお色の猫ちゃん制作中です!

このように左右違う組み合わせで着用してもおもしろいです♪

猫×猫、肉球×肉球、猫×肉球の全部で3パターンの組み合わせで楽しめるように作りました。

肉球ブローチ

にゃんこピアスとお揃いの肉球ブローチです。

ピアスよりも大きめサイズ(約2cm)なので、より肉球のぷっくり感を出すことができました。

裏はこのようにピンが付いています。こちらもブローチとしては小さめサイズなので、バッグやスカーフにさり気なく付けることができます。

現在こちらの色違いや、ピアスバージョンも制作中です!

収益の一部は保護犬保護猫のために

私が販売している場はハンドメイドマーケットminne(ミンネ)で、「にゃんぱらり1988」という名前でページを設けています。

この収益の一部は、動物愛護団体や犬や猫の保護活動および里親探しの譲渡会をしているボランティア団体などに物資の形で寄付させていただいています。

まだまだ少ない売り上げではありますが、2回の寄付をすることができました。

1回目は「熊本市動物愛護センター」にお徳用大入りのドッグフードを送りました。

こちらはInstagramのお友達が発信していた「ドッグフードが非常に足りない」というSOSのリツイートを見て寄付を決定しました。

熊本地震により被災しておうちを失ったペットの保護数が増えたことも理由の1つだと思います。

熊本市の愛護センターでは殺処分ゼロを目指して活動しているものの、保護する犬が増え続けてしまっていることでフードが足りない日々が続いているそうです。

本当はプレミアムフードのような品質の良いフードを送ってあげたかったのですが、売り上げが乏しいのでたくさん買ってあげられません。

ですので「とりあえず命を繋ぐために、今は質より量だ」と考え直し、業務用で大入りのドッグフードを楽天市場で購入し、配送先を愛護センターに指定して届けました。

お届けから数日後、熊本市動物愛護センターからお手紙が届きました。

無事に届いて良かった、大好きなワンコたちのお役に立てて良かったとホッとしました。

2回目は浜松市で犬と猫の保護活動や里親探しをしている「タバサのおうち」さんに、トイレシートを寄付させていただきました。


■届いて開封した直後、レディさんがすかさず乗ろうとしています(笑)

保護活動をしている団体では何十頭と保護犬をお世話しているのでトイレシートの消費も激しいとのことです。

寄付するならやはり消耗品からと思い、ネットで業務用でお得なトイレシートを買いました。

「タバサのおうち」は我が家のミニチュアダックス「ウーノ」の故郷です。

保健所の保護期限が切れてしまったウーノをタバサさんが引き取ってくださったので、私は譲渡会でウーノと出会うことができたのです。

ウーノをうちに迎え入れてからちょうど2年が経ちました。

初めの1年はウーノの体調がすこぶる悪く、ほぼ通院と治療で終わってしまってしまったので、うちに来てからタバサさんに元気なご報告ができずにいました。

今は体調も絶好調になり、ウーノのご挨拶も兼ねてタバサさんが開催している譲渡会に遊びに行き、そこで直接トイレシーツをお渡しいたしました。


■2年前にあなたもここにいたのよ。覚えてる?早くみんなの幸せなおうちが見つかると良いね。

相変わらず今もたくさんのワンコやニャンコたちが新しい家族を待っていて、早くみんなが幸せになれることをただただ願うばかりでした。

タバサさんにはチワワやトイプードルのような小型犬が多いので、もし犬を新たに迎えたいとお考えの方がいらっしゃいましたらぜひタバサさんのブログをチェックしてみてください。

そしてタバサさんは譲渡会も毎週のように行っており、ブログには譲渡会の日時のお知らせもアップされますので、浜松市に来ることができる方はぜひ直接会いに行ってみてください。

施設や団体の詳細はコチラ↓

静岡県浜松市「タバサのおうち」
ブログ:https://ameblo.jp/wbs27943/
譲渡会情報:https://satooya.hamazo.tv/

熊本県熊本市 動物愛護センター
〒861‐8045
熊本市東区小山2丁目11-1
TEL:096-380-2153
メール:doubutsuaigo@city.kumamoto.lg.jp
公式サイト:http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/

まとめ

「こんなのが欲しいな」と思っても、いざお店を探してみてもなかなか理想通りのものが売っていないことってありますよね。

ハンドメイドブームが巻き起こる今では、素人でも簡単に作れるキットや道具、パーツなどが簡単に手に入るようになりました。

「あったらいいな」が簡単に作れる時代になって本当に楽しいなと思います。

みなさんも是非、ハンドメイドにチャレンジしてみてください!

私は、Instagramで新作の紹介をして、minneで販売をしています。

ハンドメイドショップ「にゃんぱらり1988」ショップページ
https://minne.com/@nyampalary
※売上の一部は、寄付させていただいています。

chiiのInstagram
https://www.instagram.com/chii.k.622

インスタはReCheriにも登場する我が家の毛玉たちの写真ばかりです。

最近ではボンネットから救出した黒猫ネロ君のその後の成長っぷりもご報告させていただいておりますので、よろしければぜひ覗いてみてください(*´ω`)

関連記事
・譲渡会で出会った1匹のわんちゃんを迎え入れたお話~譲渡会で犬を譲受した体験談~
・目が見えない犬との暮らし~アイコンタクトが取れない愛犬のしつけ、おうち作りやお散歩の工夫~
・猫が猫好きを呼ぶのか、猫好きが猫を呼ぶのか。~ボンネットに入ってしまった子猫の救出騒動~
・猫付きマンションとは何か?調べてみたら、人も猫も幸せなシステムだった!




chii

10,575 views

ライターのchii(ちい)です。 祖父が家畜専門の獣医師であったことがきっかけで、幼少期から動物が大好きでした。 しかし実家ではペットを飼うことを長らく禁止...

プロフィール

関連記事一覧