レインコートやマナーパンツ、術後着…普段は使わないけど、持っていたい愛犬用ウエア。

ファッション

普段、わんこは基本「裸族」です(笑)。

家の中もお散歩も、人のように毎日ウエアを身に着けることはありませよね。

でも、何かあった時、例えば雨続きでお散歩に困ったり、からだの不調で病院に行くことになったり…不測の事態はさまざまです。

そんな時に役立つウエアを持っていると、いざという時に困りません。

今回は、そんないざという時にお役立ちの愛犬用ウエアをご紹介します。

散歩、最大の天敵は雨!そんな時はわんこ用のレインコート

しとしと雨続き。散歩に行きたいけど、びしょ濡れ覚悟で出かけなければなりません。

散歩から帰ったらドライヤーで乾燥したり、ブラッシングをしたり…散歩の時間より、後のお手入れがほんとに大変です。

そこで活躍するのがレインコートです。

すべてをガードすることはできませんが、帰宅後のお手入れは数段軽くなります。

【ALPHAICON】レインドッグガード

ハイスペックなレインコートとして人気のALPHAICONシリーズ。

わが家の雨散歩には必需品です。

足下まですっぽりとガードしてくれるので、ほとんど濡れることはありません。

気になるお腹周りの泥はねも心配なし。

散歩の後は、足先を乾かす程度で済んでしまいます。

2019モデルの新作はスヌード付きで顔や耳までカバーしてくれそう。

全身をガードするので、着せるのは結構大変ですが、晴れの日と変わりなく散歩ができるのでそこは頑張っています(笑)。

ドッグプレイ(R)fullロゴレインコートつなぎ

撥水素材で雨のお散歩はもちろん、雪遊びでも大活躍のレインコートです。

水着のようにつるつるとした素材で、ストレッチ性が高いのが特徴。

また、レインコートならではの、シャカシャカ音がしないのは魅力的です。

意外とあの音が嫌いなわんこ、多いですよね。

スタイリッシュなデザインもいい感じ。

誤飲しないよう不要なボタンや装飾もありません。

レインポンチョ RPO-2Lライトブルー

出先で急な雨に降られた時に便利なのが、このポンチョタイプです。

しっかりフルボディをガードするタイプは準備に手間がかかりますが、ポンチョならサクッと着せてマジックテープで留めるだけ。

中・大型犬にはこちらのタイプがいいかもしれません。

背中には反射テープがついているので、視界の悪い雨の日でも安全に散歩できます。

旅行に携帯するのもアリですね。

ヒートの時期に不可欠なサニタリーパンツ(女の子用)

女の子を飼ったら必ず訪れるのがヒートです。

ヒートとはいわゆる発情期のこと。

生理がやってきます。

だいたい生後半年から1年くらいで1回目が、その後、1年に1~2回くらいという割合です。

子供を産まない暮らしをする場合、避妊手術をするのが一般的ですが、最初のヒートが来てから手術ということも多く、わが家もそのパターンでした。

そんな時に利用するのがサニタリーパンツです。

ナプキンなどをセットして着用します。

デニムサニタリーパンツ

普段のウエアと変わりなく、おしゃれに使えるソフトで丈夫なデニム素材のサニタリーパンツです。

シンプルなシャツとコーディネイトすれば、スタイリッシュ。

お腹周りの一部分が伸縮性のあるTシャツのような生地でできているので、フィット感もあります。

犬用サニタリーパンツ サスペンダー付

パンツタイプはどうしても脱げてしまう…というわんこには、サスペンダー付きがおすすめです。

わが家も歩くたびにずり落ちてくることがあるので、こちらのタイプを使っていました。

太目のサスペンダーですので、違和感なく着用してくれます。

犬種によってはサイズがフィットしない場合もありますので、よく採寸してから購入しましょう。

中型犬 サニタリーパンツ 綿100%

フェアオーガニック生地を使った中・大型犬用サニタリーパンツです。

肌に優しい素材ですので、皮膚疾患などが気になるわんこにも安心です。

サスペンダーは長さ調節が可能

パンツには両面マジックテープがついているので、着脱やナプキン交換が簡単です。

手術後はわんこ専用の術後着でケアを

避妊手術をはじめ、急な病気やケガで緊急手術をすることがないとも限りません。

術後は傷口を舐めて炎症を起こしたり、床やソファで擦れて回復が遅れることもあります。

病院ではエリザベスカラーを着けてもらうと思いますが、あれはなかなかわんこにとってはストレスを感じるようで、わが家のわんこは凹んでしまい、ご飯すら食べないなんてことがありました。

そこでおすすめは術後着です。

特徴は、傷口を舐めないようボディをしっかりとガードすること。

体にフィットしているので動きを阻害することがありません。

そのままお散歩にも行けますし、室内でも安心して過ごすことができます。

犬用 術後カバー服

頭と前足を通せば、あとは背中のマジックテープで留めるだけ。

後ろ足もマジックテープで調節すれば装着完了です。

簡単に着用できるので、わんこに負担をかけません。

全身にピッタリフィットするので、これなら傷口を舐める心配はありませんね。

40℃のお湯で洗濯機洗いもできます。

スーパーガードスーツ

温度調節素材アウトラストを使ったボディスーツです。

NASAのために開発された技術で、寒暖に合わせてサーモコントロールしてくれます。

薄手でソフトな肌触り、伸縮性にも優れています。

足先が長めですので、お尻周りを舐める心配もありません。

室内着として普段使いに利用しているオーナーさんも多いウエアです。

パイルボーダー術後服エリザベスウエア

犬猫服の介護用品専門店の本格的なウエアです。

獣医師との共同開発。

術後もストレスなく、普段と変わらない生活を送れるよう、細かい配慮がされています。

動いてもずれない、脱げないようにバッククロスデザイン

体型に特徴のあるダックス、小型から中型犬の女の子用で全13サイズが揃っています。

男女兼用タイプもあります。

まとめ

持っているとどれも便利なウエアです。

必要な時に、慌ててネットやショップで探してもサイズが見つからなかったり、すぐに届かないこともあります。

時間に余裕がある時に、こういったウエアを準備しておきたいものですね。

関連記事
・犬に服を着せるのはなぜ?ファッション性だけじゃないそのメリットとは?
・MIX犬の服選び ~マルプーお嬢の場合~
・ReCheri通信 vol.7 フレンチブルドッグ服&オーナーズグッズ tomoni CLASS

あかね

16,270 views

Web関係の仕事をしながら、愛犬2匹と家族と暮らしています。 かれこれわんこ暮らしは12年ほど。私にとっては未知の世界への挑戦でした。 子育てと合わせて、日...

プロフィール

関連記事一覧