• HOME
  • 健康
  • 愛犬の寒さ対策~愛犬に快適に過ごしてもらうための工夫~

愛犬の寒さ対策~愛犬に快適に過ごしてもらうための工夫~

健康

寒い日が続きますね。

最近では室内で飼われている犬が増えてきましたが、屋外で飼われている犬もいると思います。
みなさんは寒い日の愛犬の寒さ対策はどのようにされていますか?

愛犬も寒い冬を快適に生活してくれたら、飼い主としても嬉しいですよね。

今回は、寒い冬を乗り切るための愛犬の寒さ対策についてご紹介いたします。

犬は寒がりなの?

そもそも、犬は寒さを感じているのか・・・。
童謡の「雪(ゆきやこんこん)」の歌詞にも出てくるように、犬は寒い雪の中でも元気に外を走り回って、寒さに強いイメージがありますよね。

我が家の愛犬も、冬でもお構いなしに外で元気に遊んでいます。

しかし寒さに強いと言われている犬でも、やはり寒がりの子もいるようです。
我が家の愛犬が昨年の冬、体温が低めの日が多かったので、心配になって動物病院に連れて行ったことがありました。
そこで獣医さんに

「犬は毛で覆われていても、やはり寒がりの子や寒さに弱い子も多い。犬も人間と同様、寒い日は極力、温かくしてあげた方がいい。」

と教えていただきました。
その日から、我が家でも愛犬の寒さ対策を心がけるようにしました。

寒さに強い犬種

一般的に寒さに強いと言われている犬種で最も知られているのはシベリアンハスキーではないでしょうか。

犬ゾリや寒いアラスカにいるイメージも強いですよね。
彼らは厚い被毛で覆われていて、暑さには弱いですが、寒い冬にも対応できる体質のようです。
真っ白な綿あめのような毛が特徴のサモエドも寒さに強い犬種です。

また、柴犬秋田犬北海道犬などの日本犬も厳しい寒さにも耐えられる強さを持った犬種だと言われています。

このように、一般的には大型犬や長毛犬、日本犬などが寒さに強いと言われています。

寒さに弱い犬種

ミニチュアピンシャーウィペットイタグレなどの非常に短毛の犬種は寒さに弱いと言われています。
これらの犬種の子は飼い主さんが服を着せている姿をよく目にします。

その他にも、チワワトイプードルヨーキーなどの小型犬も寒さには強くないようです。

子犬やシニア犬、室内で飼育している小型犬や短毛種の犬は、寒さに弱いと言われているので、寒さ対策は特に必要なのではないでしょうか。

すぐにできる寒さ対策

ベッドやブランケットを準備する

愛犬が温かく眠れるように、犬の体格に合った大きさのベッド温かいブランケットを準備しておくと、保温性が高まります。

外で飼われている犬でも温かい居場所(ベッド)があれば安心ですよね。

我が家では、寒い日は、普段の犬用ベッドのクッション部分に、温かいフリース生地で簡単に作ったカバーをかけるようにしています。
愛犬たちは安心して気持ちよさそうに寝てくれます。


■あたたかいベッドでくつろぐ愛犬たち

また、カバーをわざわざ冬用に作るのは大変だという方には、寒い日にピッタリのフカフカの犬用ベッドもネット通販で購入することができます。

こちらは冬用のあたたか素材の犬用ベッド。
ミカンや雪だるま、雪うさぎのデザインがとってもキュートですね。
上も覆われている秘密基地のような形なので、愛犬もベッドに入るのが楽しくなってしまいそうですね。

暖房器具で暖かく

ご家族が部屋にいる時は、暖房器具などを使って部屋は温かいと思いますが、犬のお留守番時や、就寝時も暖房器具などで部屋を温めてあげましょう。

しかし、ストーブヒーターなどを使う場合は、飼い主さん不在の際は特に注意が必要です。

火事やコンセントを噛んでしまったりしては大変なので、ヒーターの周りを柵で囲んだり、コンセントを見えないように隠すなどした方が良さそうです。

その点ではエアコンが一番オススメです。
設定温度は、人間が温かいと感じるより少し温度を低めの設定にして、20度~25度くらいにしておくと犬も快適に過ごせます。

服を着せる

私たち人間も、寒い日に外に出かける時はあたたかいニットを着たり、コートを羽織ったりしますよね。

犬も寒い日にお外にお出かけする時やお散歩時、
服を着せてあげると快適に過ごせるのではないでしょうか。
特に短毛の子や小型犬など寒さに弱い子には必需かもしれません。

こちらはロンパースタイプの犬服です。
首元から足元まで一体型になっているので、温かそうで着せるのも楽ちんです。

デザインも可愛いボーダーで5色展開なので、お友達のワンちゃんと色違いにしてお揃いで着せたくなっちゃいますね。

運動させる

私たちもランニングやウォーキング、その他スポーツをして身体を動かすと、ポカポカ身体が温かくなりますよね。
犬も人間同様、たくさん動いて運動すれば身体も温かくなるはずです。

お散歩したり、ドッグランに連れて行ってあげたり、寒い日も愛犬が運動する機会をつくってあげましょう。

寒い日に外に出かけるのがどうしても困難な場合は、家で軽くボール遊びしたりするだけでも良いと思います。

温かいフードを与える

みなさんは、冷たい物を食べてお腹を壊してしまったという経験はありませんか?
寒い日はスープや鍋料理など温かい食事が多くなりますよね。

犬も私たちと同じで、寒い日に冷たい物ばかり食べていてはお腹を壊してしまうかもしれません。

温かいフードなら犬も身体の中からポカポカと、喜んで食べてくれると思います。

こちらは、電子レンジ専用のドッグフード
なんと電子レンジ専用のドッグフードは世界初だそうです。
レンジで500Wで10秒ほど温めるだけ。こんな美味しそうな温かいフードなら愛犬も喜んで食べてくれそうですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。寒さに強いイメージの犬ですが、実際は寒さに弱い子もたくさんいます。

温かい居場所を作ってあげたり、ごはんをちょっと温かいものに変えてみるだけでも、犬の寒さ対策になります。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:そろそろ冬支度の季節です。寒さが苦手な犬の防寒対策を!




ぴよまる

21,166 views

動物大好きフリーライターのぴよまるです。 小さい頃から動物が大好きで、犬やハムスター、ヒヨコなどに囲まれて生活していました。 現在は双子の姉妹犬2頭と、楽し...

プロフィール

関連記事一覧