• HOME
  • 健康
  • 犬も寒い!?愛犬にぴったりの防寒グッズを見つけよう!

犬も寒い!?愛犬にぴったりの防寒グッズを見つけよう!

健康

愛犬の防寒対策は、万全でしょうか?

犬は毛皮もあるし、暖かそう!

と思われている方も多いと思いますが、犬の種類や年齢によって、耐性も変わってきます。

暖房をずっとつけておくのも、電気代が気になりますし、実は犬にとっても良くありません。

近年、室内で飼われている犬が増えているため、家と外の気温差を体感しやすくなっています。体調を崩す原因になってしまうので、暖房は最小限にし、代わりに防寒グッズを与えてあげましょう。

犬が自分で体温の調整をできるのが理想だと思いますので、おすすめの愛犬用防寒対策グッズを紹介します!

犬にとって快適な温度・湿度は?

まず初めに、犬にとって快適な温度・湿度は何度なのでしょうか。

飼っている犬種や、年齢によって違いはありますが、一般的には22℃〜26℃、湿度は50~60%と言われています。

暖房を入れると空気が乾燥しやすいので、加湿器を使用したり、温度も湿度も気をつけてあげましょう!

また、子犬や老犬、病気にかかっている犬などは、体温調節が上手く出来ない場合もあるので、注意が必要だと思います。

犬が寒がっている場合には、次のような仕草や行動が見られます。

・小刻みに震えている
・隅の方で身体を小さく丸めている
・散歩に行きたがらない
・普段より水を飲む量が減っている
・人の側に居たがろうとする

この他にも、様々な仕草や行動がありますが、犬は「寒い」と言葉を発することができません。

飼い主さんが気を付けて、愛犬の変化に気付いてあげることが、何より大切だと思います。

おすすめ防寒グッズ

ヒーター

こちらは、ペット用のヒーターです。

火力による暖房ではなく、電気による暖房ですので、空気を汚さず暖めます。

遠赤外線効果で、ペットの体温を1~2度上げた状態を維持し、抵抗力を高める効果もあります。

また、24時間連続使用しても、1カ月の電気代は最大で約1,000円程度と、とても経済的です!

直接熱源に触れない為、火傷の心配もないので、安心して使用できると思います。

ホットカーペット

ホットカーペットは、ベッドや毛布などと一緒に敷いておくと、暖かい場所が作れます。

こちらは、熱くなると温度を下げ、温度が下がるとまた暖かくなる機能が付いており、ホットカーペットで一番心配な、低温火傷を防いでくれます。

更に、コード部分には丈夫な保護管付きなので、安心・安全に使用できると思います。

カバーも洗濯ができるので、汚れやニオイをスッキリと洗い流せて、とても衛生的です!

ホットマット

こちらは、電気を使用しないホットマットです。

噛み癖のある子や、真冬のお留守番など、飼い主さんの目が届かない時でも、安心して使用できますね!

NASA航空機の保温材開発技術を転用して作られた素材を使用し、ペットの体温をエネルギーに利用して暖めます。

マット自体もとても軽量なので、お出かけにも便利だと思います。

湯たんぽ

こちらは、電子レンジで温めて使用できる加熱式のペット用湯たんぽです。

何度も繰り返し使用できるので、とても経済的です!

断熱カバーで、暖かさが長持ちし、コードがないので、置き場所も選びません。

モコモコのカバーは、手洗いOKなので、清潔を保てるのも嬉しいポイントです。

あたたか素材のベッド

こちらのベッドはふわふわボア素材です。

裏面には、ヒーターなどが入れられる便利なポケット付きです!

生地には静電気防止加工をしたものが使用されているので、乾燥する季節には嬉しいポイントですね!

ベッドの素材を暖かい素材に変えるだけでも、保温効果が高まります。

ベッドは、ドーム型だと熱がこもるので、更に保温効果が高まります。

こちらのベッドは、みかんとお茶は面ファスナーで取り外しができ、おもちゃとして遊べます!

こんな可愛い面白ベッドもありますので、是非お気に入りの1点を探してみてくださいね!

着る毛布

こちらは、ぬくぬく着る毛布です!

毛布を敷いても、朝になったらぐちゃぐちゃ…という経験はありませんか?

そんな悩みを解決してくれる毛布です!
どんなに動いてもずれないので、安心して着させられます。

手作り毛布

こちらは、我が家で使用している毛布です。

ベッドも暖かい冬素材ですが、そちらの上に毛布を敷いて、保温効果をアップしています!

まず、生地屋さんで、暖かいボア素材の生地を買い、お好みの大きさに裁断して、端を三つ折り始末します。

とても簡単にでき、生地の値段だけなので、とてもお安く作れます。
2、3枚作っておけば、洗濯もまめにでき、外出時にも便利なので、おすすめですよ!

まとめ

犬種や住んでいる地域によって、寒さ対策は違うと思います。

冷たい空気は低い場所に、温かい空気は高い場所にたまります。

犬は、人より低い場所で生活し、お腹の毛も少ないです。その分、下からくる冷気を敏感に感じてしまうので、毛布1枚を下に敷いてあげるだけでも変わると思いますよ。

愛犬を観察し、そのレベルや性質に応じて、ぴったりの防寒グッズを選んであげましょう!




関連記事一覧