• HOME
  • 健康
  • 愛犬がくしゃみ鼻みず・・・もしかして花粉症?犬も花粉症になる??

愛犬がくしゃみ鼻みず・・・もしかして花粉症?犬も花粉症になる??

健康

関連記事:
・お薬が苦手な愛犬に!上手にお薬が飲める便利グッズ紹介します!
・「グレインフリー」ってなんぞ?!我が家のペットフードの選び方◎
・ReCheri通信 vol.9 Team HOPEのイベントに参加して、ペットの健康を考える。

花粉が飛んでいますね・・・

花粉症の方にとっては、とても辛い季節がやってきました。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ、様々な症状がありますが、どれも辛いものばかりです。

花粉症ではない方も、突然症状があらわれることがあるそうですよ。

何とかこの季節を乗り切りたいものです。

ところで、犬は花粉症になるのでしょうか?

ご存知ない飼い主さんが多いようですが、実は犬にも花粉症はあるのだそうです。

そしてその花粉症は、くしゃみや鼻みずのような症状は少なく、目や耳、皮膚に出ることが多いようです。

我が家の愛犬トイプードルは、今のところ花粉症のような症状は出ていませんが、実は、愛犬の花粉症に気付いていない飼い主さんは意外にたくさんおられるそうです。

今回は犬の花粉症について、その症状や気を付けたいこと、予防法などをご紹介します。

愛犬のためにも知識を深めましょう!

犬の花粉症の症状にはどんなものがある?

ここ最近、愛犬の花粉症を気にされる飼い主さんが増えているようです。

少し前まで犬の花粉症については、あまり話題になっていなかったように感じます。

しかし犬の花粉症も人と同じで、ずっと昔からあるのです。

飼い主さんの約半数がそれに気付いていないそうです。

犬の花粉症の症状にもくしゃみや鼻みずがありますが、多くは皮膚に症状が出るようです。

しかし軽い症状の場合、飼い主さんが気付かず、そのまま治ってしまうこともあります。

最近は花粉の飛散量も増えているため、症状が重く出る傾向があるようです。注意が必要ですね。

体を掻く回数が増えた、目や耳の辺りを掻くなどの様子が見られたら、早めに動物病院で診てもらいましょう。

■花粉症の症状■
・目のかゆみ
・目ヤニ
・目の充血
・皮膚のかゆみ
・耳のかゆみ
・くしゃみ
・鼻みず

目ヤニがよく出たり、顔を床などに擦りつける皮膚を頻繁に掻いている、などの仕草がみられたら、注意して様子を見ておく必要があります。

アレルギーが引き金となり、目や皮膚、耳に痒みが起こり、掻くことにより症状を悪化させてしまう恐れがあります。

炎症が広がり、膿んでしまったり、毛が抜け落ちてしまうこともあります。

また、白目の部分が充血したり、症状が重い場合は、目の周りが腫れぼったくなることもあります。

結膜炎、外耳炎などを引き起こさないように、痒みを抑える早めの治療が大切になります。

※くしゃみや鼻みずの症状が続く場合、花粉症の可能性もありますが、鼻炎や違う病気の兆候かもしれません。症状が続く場合は早めにかかりつけの動物病院で診てもらって下さい。

犬の花粉症にお薬は必要?

痒みというのは、犬にとっても不快な症状です。

痒みが続くとストレスの原因にもなります。

症状を悪化させないためにも、早めに痒みの症状を取り除いてあげましょう。

治療法はその症状により違いますが、原因を特定するために、血液検査を行う場合もあります。

主に痒みや炎症を和らげる対症療法(自然治癒能力を高め、治癒を促進する療法のこと)が行われます。

軽い症状の場合は、塗り薬や抗生剤で症状が治まることがほとんどです。

症状を繰り返す場合は、アレルギーの原因を特定し、その原因となる物質を極少量づつ投与し、アレルギーを引き起こさない体質に改善していく治療が行われることがあります。

花粉症の予防と対策をしよう!

花粉症の症状を悪化させないためにも、予防と対策が大切です。

花粉の季節、花粉は常に空気中に飛んでいますが、花粉の飛散量が特に多い時間帯をご存知ですか?

お昼から夕方までが一番飛散量が多いそうです。

その時間帯のお散歩は避けた方がよいですね。

早朝と夜はその量が少なめになるので、できればその時間帯のお散歩がおすすめです。草むらに入るのもNGです!

できるだけ花粉を犬に近づけないことが大切です(花粉は目に見えないので難しいですが…)。

お散歩から帰ったら、濡れたタオルで被毛に付いた花粉をきれいに拭き取ってあげて下さいね。

飼い主さんも服に付いた花粉を落とすのを忘れないように!

服を着せることで肌に直接花粉が付きにくくなるので、服を嫌がらないワンちゃんは着用してお散歩に行きましょう♪

また、室内に空気清浄機を置くのも有効です。

花粉アレルギーの犬は、果物や野菜のアレルギーにも注意しておこう!


■犬に「ぶどう」は与えないでくださいね!

花粉にアレルギーがある場合、食物アレルギーを持ち併せる可能性があります。

初めて与える野菜や果物は、アレルギー症状が起こらないか様子をみる必要があります。

アレルゲンの構造が花粉と似ているため、アレルギーが起こりやすいものには次のようなものがあります。

《カバノキ科》りんご・さくらんぼ・桃・ニンジン
《ヒノキ科》トマト
《イネ科》メロン・キウイフルーツ・スイカ
《キク科》バナナ・きゅうり

まとめ


いかがでしたか?

花粉症と食べ物には意外な関連性があるのですね。

毎年やってくる花粉の季節を、上手に乗り切っていきたいものです。

犬の花粉症についてのご紹介でした。

関連記事:
・お薬が苦手な愛犬に!上手にお薬が飲める便利グッズ紹介します!
・「グレインフリー」ってなんぞ?!我が家のペットフードの選び方◎
・ReCheri通信 vol.9 Team HOPEのイベントに参加して、ペットの健康を考える。




関連記事一覧