• HOME
  • 健康
  • うちって動物園の臭いがする……!我が家の消臭大作戦

うちって動物園の臭いがする……!我が家の消臭大作戦

健康

ペットを飼っているお宅、特に体臭がきつめのワンちゃんやマーキング癖のある猫ちゃんと暮らしている方は頭が痛いであろうペット臭対策、何かされていますか?

我が家で飼っているラブラドールは元々体臭が強めの犬種な上に、腐ったウッドチップや泥の上で寝るのが大好きな性格のため、シャンプーをしても2日後には漁港のようなお寿司屋さんのゴミ置き場のような、なんとも言えない謎の磯臭さが体がら漂いだします。

それでもドライシャンプーも毎日使っているし、そこまで家自体が臭いということはないだろうと甘く考えていました。

しかし先日家族で動物園に行った際、他のお客さんや子供たちが「臭くて鼻が曲がりそう!」と騒いでいるスポットで娘が大声で発した「うちのリビングと同じ臭いだね!」の言葉にㇵッとしたのです。

来客時などは必死に掃除をして取り繕っていたのですが、普段の我が家は言われてみれば確かに動物園の臭い。

鼻が慣れてしまって何も感じなくなっていただけで、我が家ははとても臭いのだということを痛感した私は、早速ペットにも使える消臭剤や洗剤を色々試してみました。

今回はその中から効果があった、コスパが良かったというものや、ペットのものを洗う時に使えるおすすめの洗剤などを紹介します。

強力な消臭スプレーって使っても大丈夫なの?

悪臭がすると言っても過言ではない状況の我が家ですが、それなりに空気には気を使ってきたつもりで、ドッグ&キャットスペースに1台、リビングに1台、玄関に1台と、これでもかと言わんばかりに空気清浄機を設置しているのです一応・・・。

しかしその性能を上回る臭いが発生してしまっている以上、+αの除菌や消臭を行う必要があるのですが、その際に真っ先に頭に浮かんだのがファブリーズなどの消臭スプレーです。

なんとなく動物の体に悪いのではないかという思い込みから使用を避けてきたファブリーズ。実際はどうなのでしょうか?

この機会に少し調べてみましたが、動物に有害であるとは科学的に実証されていないようです。

ネット上では「犬や猫の肝機能障害を引き起こす可能性がある」といった情報も流れていますが、病気と消臭剤の因果関係は不明で、メーカーも動物へ直接噴霧することは禁止していますがそれ以上のことは言及していません。

ちょうど猫のワクチン接種があったので動物病院で質問してみたところ、このような回答をしていただきました。

・ファブリーズなどの使用で、健康な動物に直ちに害が出るようなことはないと思う。
・アロマオイルや強力な消臭剤の使用は嗅覚が優れた動物にとって確実にストレスになる。
・少なくとも動物病院では使用しない。

我が家の愛犬と愛猫はまだ若くて健康なのですが、そもそも無害であっても香りが強いものは動物、特に臭いに敏感な猫がいる場合は避けた方が良いのかもしれません。

ベッドカバーやおもちゃも洗濯!頼れるオレンジエックス

我が家では愛犬が子犬の頃から、犬用の服や食器からケージの掃除まで全てをこちらのオレンジエックスで行ってきました。

オレンジエックスは成分がオレンジの皮から抽出したオイルのみで作られているので、口に入れても害の無い安心な洗剤です。

用途に合わせて写真のようなボトルに入った原液を薄めて使用するのですが、普段の掃除であれば50倍程度に希釈したもので充分なので非常に経済的です。

においの染み込んだベッドカバーなどは付け置きしておくとしっかり脱臭できますし、すすぎが不十分でも動物に害がないところも助かっています。

オレンジの香りがするのは使用した直後だけなのですが、メーカーによるとノミやダニといった害虫を忌避する効果もあるそうなので、散歩に行く前に100倍程度に薄めたオレンジエックスを愛犬の服にかけて使用することもあります。

また排泄をしてしまった場所も消臭することができるので、散歩の際は100倍に希釈した物を携帯用のスプレー容器に入れて持ち歩いています。

20倍~50倍に薄めると犬のイヤークリーナーやシャンプーにも使用できるので、多用途に仕えてコスパ抜群の洗剤ですよ。

アンモニア臭にも高い効果!HUGFAM

ペット専用の消臭剤はたくさん販売されていますが、我が家の動物園臭さの解消に一番役立ってくれたのがこのHUGFAMです!

噴霧した場所に潜む有機物と結合して、ただの水へと分解するというOHラジカルという消臭方式のスプレーで、猫のマーキング臭にも効果が見込める強力さが特徴。

我が家の猫は雌でマーキング癖のない子なのですが、試しに猫用トイレに敷いてある使用済みのペットシーツに吹きかけてみたところ、本当に強烈な刺激臭が薄まりました。

塩素を使用しておらず原料もクエン酸と食品にも使われる酸化チタンのみであるため、無臭で、動物の口に入ってしまった場合でも害が無いこともメーカーが宣言しています。

光触媒形式で、スプレーしたものを天日干しするとより消臭効果が高まるため、がっつりマーキングされてしまったものを消臭したい場合などは、日に当てながら数回スプレーをすると効果的かもしれませんね。


《Amazon》HUGFAM(ハグファム) ペット 消臭 スプレー  300ml

空間消臭ならA2Care!

置き型の消臭剤としておすすめなのが写真のA2Careです。我が家ではドッグ&キャットスペースの近くと下駄箱に置いていますが、どんよりとこもっていた悪臭が改善されました。

また、ウイルス対策や花粉対策としても使用できることから消臭剤の中でも人気が高いA2Careのスプレータイプですが、我が家では床掃除にも使用しています。

我が家の床は愛犬が爪で傷だらけにすることを見越して、傷があっても味があるでしょう?とごまかせるようにカバザクラの無垢材を使用しているのですが、ワックスを使っていないこともありアルコールの入った住居洗剤を使用すると床の色が変色してしまうのです。

しかし、アルコールフリーで除菌効果が高いA2Careなら、木材が劣化する心配がなく使用できるので、木製の家具の掃除などにも安心して使うことができますよ。

医療機関でも利用実績のある消臭スプレーですので、動物がいる場合はもちろん、消臭スプレーの香りで気分が悪くなってしまう、という敏感な方にもおすすめです。

防ダニスプレーなら ダニオフ・ファブリックスプレー

ペットと一緒に寝るのは健康上好ましくないという話はよく耳にしますが、それでも一緒に寝ようとする愛犬や愛猫に流されて添い寝がやめられない、という飼い主さんも多いのではないでしょうか?

我が家の動物たちは本当に眠くなるとさっさと自分達のベッドに帰って行ってしまうので、ずっと一緒に寝るということは無いのですが、短時間でもベッド上げてしまうと気になるのが、マットレスや布団に潜むダニです。

特に愛犬は草むら大好きなので、いくら薬でノミダニの対策をしていてもダニがついているでしょうし、元々ベッドにいたダニが動物にくっついてしまう可能性も高いですよね。

そのためソファやマットレスは定期的にダニ退治をしなければいけないのですが、その際に使用しているのがダニオフ・ファブリックスプレーです。

ラベンダー、シトロネラ、ゼラニウムといった天然由来の成分100%で作られているので動物にとって害が少なく、約9割のダニを寄せ付けないという高い防虫効果を持ちます。

我が家では、スチームアイロンでマットレスやソファに潜むダニを殺してから、死骸を掃除機で吸い取り、ダニオフ・ファブリックスプレーを仕上げに使うといった方法でダニ対策を行っています。

現在、誰もダニの被害に遭っていないので効果はあると思われるのですが、このスプレーは人間が嗅いで不快になる程ではないとはいえ精油の臭いがするため、ペットのいない所で噴霧をした方が安心かもしれません。

このスプレーを初めて使用した際、我が家の愛猫はに隣にいたのですが、においを嗅いだ瞬間に興奮して奇声をあげて走り回っていたので、害はなくてもストレスにはなるのかなといった印象を受けました。

まとめ

毎日短時間でも掃除をすることが家を美しく保つことの基本であるように、こまめに対策をすることがペットの臭いを定着させない最良の方法です。分かっているのですが、ついつい先延ばしにしているうちに、とても臭くなっていた様子の我が家。

恐らくここまで家の臭いに困っている方というのはそうはいないと思うのですが、今回紹介した消臭グッズは人間の食器の除菌などにも使えるものや、家に獣臭がしないという方にもおすすめのアイテムが多くあります。

インフルエンザやノロウイルスが流行する寒い季節の感染症予防にも、ペットがいる環境で使用できる安全な除菌・消臭スプレーを活用してみてくださいね。




関連記事一覧