今話題のチンチラを飼いたい!カラーや性格、飼うために必要な環境は?

エキゾチックアニマル

空前のペットブームを巻き起こしている日本では、海外の珍しい動物エキゾチックアニマル」を家族に迎え入れる人が少しずつ増えています。

その中でも人気の一種がチンチラです。

今回は、人気急上昇中のチンチラの性格やカラー、飼うにあたっての注意点などをご紹介します。

チンチラとは?

チンチラと聞くと、猫やウサギを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ですが、実は「チンチラ」という名称は齧歯類(げっしるい)のテンジクネズミ亜科のチンチラが発祥です。

ちなみに猫やウサギがチンチラと呼ばれる由縁は、被毛がテンジクネズミ亜科のチンチラに似ているからだそうです。

そうなのです、この子達こそが元祖チンチラなのです。

チンチラは元々は南アメリカのアンデス山脈に生息していましたが、その美しい被毛を持つチンチラを見つけた人間は、チンチラの毛皮を狙い始めます。

チンチラは手のひらサイズより一回り大きいほどのサイズのため、人間の毛皮を作るには何百匹もの犠牲が必要です。

ですがこの肌触りの良い毛に魅了された人々は、次々にチンチラを捕獲していきました。

結果、1900年代にはチンチラは絶滅の危機に瀕してしまったのです。

これが世界各国で問題となり、今では野生チンチラの捕獲や商用利用での輸出が禁止されました。

ですので、現在ペットショップなどで販売されているチンチラは、全てブリーダーから輩出されています。

チンチラのカラーバリエーション

チンチラの魅力のひとつはカラーバリエーションです。

元々のチンチラは単色のみでしたが、チンチラブリーダー達の努力によって多くのカラーが誕生しました。

スタンダードグレー

スタンダードグレーはナチュラルカラーとも呼ばれ、この毛色こそが元々の野生のチンチラカラーです。

ですので、このカラーの個体が最も多く、価格も比較的低めです。

ホワイト系

ホワイト系には真っ白なホワイトの他に、耳がピンクがかったピンクホワイト、ところどころにグレー系の模様が入ったモザイク、方向によって被毛が黄金に輝くゴールドバーなどが誕生しています。

ブラック

最も手触りが良い毛質を持つブラック系カラー。

その触り心地は高級絨毯のようだそうです。

ブラック系カラーは漆黒のエボニ―、お腹周りが白みがかったブラックベルベットがいます。

シナモン

ベージュとも呼ばれる薄い色合いのカラーです。

優しいふんわりとした雰囲気が可愛さを引き立てます。

タン

全身が赤茶色の個体です。

中には茶色より少し薄い色を持つ子もいて、濃さに個性が現われます。

チンチラは今のところ主にこれらのカラーを持った子がいますが、今後のブリーダーの繁殖活動によって更に新しいカラーが増えるかもしれません。

今後もチンチラカラーから目が離せませんね。

チンチラの性格

チンチラは、一言でいうとお茶目な性格です。

マイペースで明るく、元気いっぱいに遊びまわるため、見ているこっちまで元気が出てくるという飼い主さんがほとんどです。

さらにネズミ科だからといってあなどることなかれ!

実はチンチラは頭も良く、名前を呼べば来てくれることだってあるんです!

そして仕草もいちいち可愛い!

私もチンチラを飼いたいのですが、今のところまだ実現できておらず、代わりにSNSなどで毎日チンチラの飼い主さんの投稿をこっそり(がっつり?)拝見させてもらっています。

動画を見ているとチンチラが小さな手で一生懸命ご飯を食べたり、飼い主さんに寄り添ってすやすや寝ていたり、元気にピョンピョン跳ねまわっていたり、その仕草の可愛さたるや。

見ているだけで癒されるのですから、懐かれる飼い主さんはもっと幸せなんだろうなあ…とつくづく感じます。

チンチラの寿命は長い!

見た目はネズミっぽいし、ハムスターの寿命は2~3年だから大きさから見て寿命は5年くらいかな?

なんて思って調べてみたら、なんと10~15年も生きるのだそうです。

犬や猫と変わらないじゃないの!

中には20年以上生きる子だっているのです。

もちろんどんな子を家族に迎え入れる際もそうなのですが、飼育する際には、十数年面倒を見る覚悟で迎え入れましょう。

チンチラの飼育環境を整えよう

実際にチンチラを家族に迎え入れるためには、色々と気を付けなければならないことがあります。

暑さに弱い

チンチラは元々、標高が高く気温が氷点下になる環境下で暮らしていた動物です。

ですので、暑さは大の苦手。

気温が26度以上になるとストレスを感じるので、夏場や暑い時期にはエアコンが必須です。

だからといってエアコンの風を直に当てるのはNG。

直風の当らないところにケージを設置し、涼しい環境を作ってあげましょう。

トイレはあまり覚えられない

中にはトイレを覚えてきちんと同じ場所でする子もいるようですが、基本的にはトイレを覚えない動物です。

チンチラの腸は常に動いているため、特にフンはわりとあちこちでするようです。

ですがフン自体は米粒のような大きさで硬いため、万が一飼い主さんが踏んでしまっても問題はありませんよ。

ちなみに、たまに柔らかいフンをすることがあるのですが、これはなんと食用なのだそうです。

もちろんチンチラ用ですよ、飼い主さん用ではありません。

この柔らかいフンを食べることで、一回で摂りきれなかった栄養を再度吸収するのだそうです。

これのようなフンを、食糞と言います。問題はないといえ、初めて食糞を見る人はびっくりするかもしれませんね。

ケージの外に出す際の注意点

いつもケージの中で滑車を回しているだけだと、チンチラは運動不足になったりストレスが溜まったりしてしまいます。

ですので、チンチラが生活に慣れてきたらお部屋に出して散歩(部屋んぽ)をさせてあげましょう。

その際、チンチラにとって危険なものは取り除かなければなりません。

電気コードやボタン、大切な書類なども平気でかじったり飲み込んでしまうので、チンチラを部屋に出す際には危険なものや大切なものは隠しておきましょう。

また、齧歯類(げっしるい)であるチンチラは一生歯が伸び続ける生き物で、何か硬いものをかじらなければ生きていけません。

というわけで、目につくものは何でもかじります。

イスや机、壁、棚…部屋がボロボロになってしまうかもしれない覚悟が必要です。

チンチラを診てもらえる動物病院を探しておく

チンチラももちろん病気や怪我をすることがあります。

そんな時に困らないよう、チンチラを診てもらえる動物病院をあらかじめ探しておくと安心です。

チンチラはまだまだペット界では珍しい動物です。

ですので、チンチラのようなエキゾチックアニマルを診てくれる動物病院はまり多くありません。

チンチラと少しでも長い時間を一緒に過ごせるよう、飼育を決める前にリサーチしておいてくださいね。

まとめ

チンチラは犬や猫より小さいため飼育しやすいと思いがちですが、寿命が長いため長期の飼育が必要になります。

頭も良く愛嬌もあるため、チンチラは飼い主にとって最高のパートナーにもなってくれます。

飼育環境が整えられそう!と思った方、ふわふわで可愛いチンチラをぜひ家族に迎え入れてみてはいかがですか?

関連記事
・こんな動物も?!日本でもペットとして飼える意外なエキゾチックアニマル
・どうやって選ぶ?どんな病院を選ぶ?ペットにも飼い主にも重要な、動物病院の選び方!

関連記事一覧