ジャンガリアンハムスターの特徴と飼育の注意点☆

ジャンガリアンハムスター
ハムスター

手のひらに収まるほど小さく、人によく懐いて絆を深められるジャンガリアンハムスター。

ジャンガリアンは初めてハムスターを飼う方にもおすすめの種類です。

今回は、ジャンガリアンの特徴や飼育の注意点をご紹介します!

ジャンガリアンハムスターの特徴

原産国

カザフスタンやシベリアが原産国です。

毛色

毛色は基本的に「ブルーサファイア」「パールホワイト」「プディング」「パイド」の4種類で、グレーや茶色などのシックな子から、全身白い子まで個性があります。

大きさ

大きさは6~12cm、30~45gほどです。

小型なため、ドワーフハムスターと呼ばれます。

寿命

寿命は平均2~2年半です。

小型のハムスターほど寿命が短くなる傾向があります。

一緒に過ごせる貴重な時間を大切にしたいですね。

購入場所・価格

ペットショップで出会えるので、この子が一番可愛い!と思える子を選んでください。

価格は約1,000円~2,000円です。

性格

小型のハムスターの中で特に人気のある種類です。

ちょこまか動く姿や、体を丸めてエサを食べる姿がとってもキュートです!

大人しくて人慣れするので、初心者や子供でも安心して飼えます。

ただ、個体差があるのでこの子はどんな性格かな?と見極めると良いですね。

飼育の注意点

ジャンガリアンハムスター

ケージの大きさ

ケージは幅35cm、奥行き25cm、高さ20cmほどあると良いでしょう。

小型のハムスターとはいえ、運動不足にならないようにこれくらいの大きさは必要です。

回し車の大きさ

直径が15cm程度の回し車が最適です。大きすぎると上手に回せなかったり、遠心力で体が飛んだりしてしまうことも。

ハムスターの安全のために、体に合うものを選びましょう。

温度

18度~25度がジャンガリアンには適温とされています。

冬は小動物用パネルヒーターや暖房でお部屋の温度を調節してください。

10℃以下になると冬眠する可能性があり、とても危険なので注意しましょう。

夏は、涼しい場所や冷房で適温を保ってあげてくださいね。

保冷剤をケージの下に入れたり、水を入れて凍らせたペットボトルをケージのそばに置いたりするのもおすすめです。

複数飼い

ジャンガリアンは複数飼いできると言われていますが、成長と共に縄張り意識が出てくるため、1匹で飼うのが理想です。

複数飼いする場合は、ケージを分けてあげる等の工夫が必要です。

みんなの可愛いジャンガリアン

インスタグラムで「ジャンガリアンハムスター」や「ジャンガリアン」をハッシュタグ検索すると、可愛い子たちの写真や動画がたくさんアップされています。

是非検索して、可愛いジャンガリアン達に癒されてください!

↓横スクロールしてみてくださいね☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハムスターカフェ mogumogu(@hamstercafe_mogumogu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

るんるん/Runrun(@nikoniko8686)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

きゃん太(@tete_te1101)がシェアした投稿

まとめ

ジャンガリアンがお家にいると、愛らしい仕草をたくさん見られて、癒やしを十分もらえますよ。

ハムスターが快適に過ごせる環境を整えて、お気に入りの子を迎えに行きましょう。

 

イルリ

45,206 views

フリーライターのイルリです。 以前にゴールデンハムスターの女の子を飼っていました。 犬も猫も大好きで、仲良くなる秘訣を調べては日々実践しています(笑) 犬な...

プロフィール