• HOME
  • , 飼い方
  • 犬と一緒に小動物も飼える?犬と相性の良い小動物、悪い小動物は?

犬と一緒に小動物も飼える?犬と相性の良い小動物、悪い小動物は?

犬とウサギ

前回は、猫と小動物が同居できるかについてご紹介しました。

今回は犬を飼っている方に向けて、犬と小動物の相性をご紹介!

ネット上には、ワンちゃんと小動物の仲良し写真がいくつもありますが、実際に同居はできるのか?一緒に暮らす時の注意点は?などの疑問にお答えします。

同居できる可能性がある小動物

うさぎ

ロップイヤー

うさぎと犬が仲良くなれるかどうかは、うさぎの性格によります。

温厚で他の動物を受け入れる子は、同じ部屋で暮らしても大丈夫。

安全のために、うさぎはケージに入れておきましょう。

うさぎはストレスを溜めやすい動物なので、健康状態をきちんとチェックしてくださいね。

うさぎと生活する上で、愛犬のしつけをしっかり行うことも大切です。

犬がうさぎにじゃれついたり、吠えたりするとうさぎが怖がるかもしれません。

日頃から飼い主の指示に従って大人しくできるようしつけましょう。

犬とうさぎを対面させる時は、うさぎをケージに入れ、犬はリードを付けておくと安心です。

お互い落ち着いているようなら、飼い主が見守る中でフリーにできるかもしれません。

フェレット

フェレット

フェレットは肉食動物なので、犬に警戒心を抱きにくいようです。

一緒におもちゃで遊んだり、寄り添ったりする姿が見られることも。

猟犬でない限り、仲良くできる可能性がありますよ。

飼い主がフェレットを可愛がっている様子を見て、犬がやきもちを焼く場合があります。

フェレットに対して攻撃的になるようなら、別々の部屋に離しましょう。

犬にもフェレットにも平等に愛情を注いで、お互いがストレスを溜めないよう気を配ると良いですね。

仲良くなれた後も、同じケージに入れたり飼い主のいない所で犬とフェレットだけにしたりはしないでください。

金魚

金魚

ゆらゆらと泳ぐ金魚に興味を示すワンちゃんはいますが、猫のように手を出すというケースは少ないようです。

愛犬の手が届かない台の上などに水槽を置いておけば、同じ空間で生活しても大丈夫。

ただ、金魚の水替えの時にバケツに入れた金魚が飛び出てしまい、ワンちゃんが食べてしまった、という悲しい事故もあります。

金魚を水槽から出す時は、犬が近くに行かないよう注意しましょう。

同居は避けたい小動物

ハムスター

ハムスター

ハムスターとワンちゃんの相性はあまり良くありません。

犬はしつけができるので、猫と比べたら危険は少ないですが、それでもハムスターにとっては大きなストレスになります。

犬がハムスターのちょこまかとした動きに興味をそそられ、おもちゃのように扱ってしまう可能性も。

犬の鋭い牙で噛みつかれたら、ハムスターはひとたまりもありません。

同じ家で飼うなら別々の部屋に離して、犬がハムスターの部屋に行かないよう見守りましょう。

鳥

犬の手が届く所にケージがあると、鳥に向かって飛びつくかもしれません。

犬は攻撃するつもりがなく、遊びたいだけかもしれませんが、インコや文鳥などの鳥は怖がってしまいます。

鳥の羽ばたきは犬の本能を刺激し、普段は大人しい子でも興奮してしまう可能性があります。

理想は別々の部屋に分けることですが、どうしても同じ部屋で飼う場合は鳥のケージを高い場所に設置してください。

犬がジャンプしても届かないかどうか、しっかり確認しましょう。

また、犬の吠え声がストレスになることも。無駄吠えをしないようにしつけることも大切です。

爬虫類

ヒョウモントカゲモドキ

トカゲやカメといった爬虫類も、ペットとして人気が上がっています。

大人しいので仲良くできるかも?と思いきや、犬との相性は良くありません。

犬にとって爬虫類はおもちゃとみなされ、遊び道具にされてしまう危険があります。

爬虫類の命を守るためにも、同居は避けた方が良いでしょう。

また、相性以前に衛生面の問題もあります。

爬虫類から犬に病気(サルモネラ症)がうつる可能性があるので、犬を近づかせないようにしましょう。

犬の性格や犬種を考えよう

愛犬と他のペットを同居させる場合、まず考えたいのは犬の性格と犬種です。

活発でやんちゃな子は、小動物にちょっかいを出したり追いかけたりしてストレスを与えることも。

逆に大人しくて穏やかな子は、小動物にとってストレスになりにくいため仲良くできる場合があります。

チワワやパグなどの愛玩犬は、他のペットと同居しやすいと言われています。

昔から小動物を獲物にしていた猟犬は、狩りの本能が刺激されるので同居は避けた方が良いでしょう。

猟犬はテリア種やダックスフンド、ビーグル、ダルメシアン、ゴールデンやラブラドールなどです。

犬と同居できると言われている小動物でも、猟犬は例外と考えてくださいね。

まとめ

犬と小動物が一緒に暮らすには、お互いの性格と本能をよく理解することが重要です。

同居できる可能性がある種類でも、実際に会わせてみると相性が悪かった、ということもあります。

その場合は無理に同居させず、お互いがストレスなく穏やかに過ごせる環境を整えてあげましょう。

仲良くなれた場合は、どちらかが寂しい思いをしないよう、平等に可愛がってあげてくださいね。

イルリ

49,584 views

フリーライターのイルリです。 以前にゴールデンハムスターの女の子を飼っていました。 犬も猫も大好きで、仲良くなる秘訣を調べては日々実践しています(笑) 犬な...

プロフィール