これがあれば安心!初めてウサギを飼う時に必要なグッズ5選

ロップイヤー
ウサギ

うさぎを家にお迎えする時に、1番気になるのが「どんなグッズを用意すればいいの?」ということではないでしょうか。

最近ではうさぎをペットにする人が増えていますが、まだまだ情報が少なく、ウサギの飼育方法についてわからない人が多いのも事実です。

そこで今回は、初めてうさぎを飼育する方へ向けて、うさぎを飼う時に必要なグッズについてご紹介します。

うさぎを飼う時に必要なグッズ5選

これからうさぎを飼う時に欠かせない飼育グッズをご紹介いたします。

この5つのグッズさえあればうさぎを飼うことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

飼育ケージ


■イージーホーム EVO 60-WH(1台)【イージーホーム】

まずうさぎを飼う時に欠かせないのが、うさぎのおうちとなる「飼育ケージ」。

さまざまなタイプが販売されていますが、キャスターがついていて移動できるものだと掃除がしやすくおすすめです。

万が一トイレを覚えなかった場合でも、ケージの下についているトレーがキャッチしますので、部屋を汚す心配はありません。

その場合にはトレーにペットシートを敷くと良いでしょう。

トイレグッズ


■GEX 三角ラビレット消臭セット ベビーピンク

ケージ内に置くタイプのトイレです。

うさぎは決まった場所でトイレをする習性があるので、うまくいけばトイレを覚えることができます。

おしっこなどの匂いがするものをトイレに置き、トイレをする場所を覚えさせましょう。

ケージ内にトイレを置く場合はトイレ砂を利用するのが便利です。

給水ボトル


■サンコー アクアチャージャー500

給水ボトルも欠かせない飼育グッズです。

うさぎの場合は犬や猫のようにお皿を使わず、ケージに給水ボトルを取り付けます。

飲み口が広いものだと、うさぎにとっても飲みやすいようです。

毎日水を替えるものですので、洗いやすさも重視して選びましょう。

ラビットフード・牧草


■大地の恵み ロングマット 1番刈りプレミアムチモシー 1kg[1番刈り牧草]

うさぎのエサは2種類用意します。

ラビットフードというカリカリした固形のエサと、チモシーと呼ばれる牧草です。

基本的には牧草をたっぷり与え、ラビットフードは体重の4%ほどの量を何回かに分けて与えます。

ラビットフードを与えすぎると太りやすくなるので注意しましょう。

食器類


川井 KAWAI チモシースタンド 関東当日便

うさぎのエサを入れる食器類は2つ用意するのがおすすめ。

できれば牧草を入れるものとラビットフードを入れるものに分けておくと良いでしょう。

うさぎのケガを防ぐためにも、ケージに取り付けて固定できるタイプの食器がおすすめです。

あると便利!なちょい足し飼育グッズ

これまで、うさぎの飼育に欠かせないグッズをご紹介しました。

ここではさらに、うさぎとの生活を快適にするための便利なちょい足しグッズを紹介していきます。

うさぎがおうちに慣れてきた頃に用意しておくと良いでしょう。

キャリーバッグ


■三晃商会 SANKO ライトキャリー(組立式)

キャリーバッグは、うさぎを連れて出かける時に必要なグッズです。

すぐに必要なものではないですが、トリミングや病院へ連れて行く時に重宝します。

木製のカゴやナイロン素材のバッグなど、さまざまなキャリーバッグがありますが、ウサギにかじられて穴が開かないようなものを選ぶのがおすすめ。

キャリーバッグを使う時は、落ち着かせるために普段使っているおもちゃなども一緒に入れてあげましょう。

ブラッシングケア用品


■ミニアニマン ウサギのスリッカーブラシ(1コ入)【ミニアニマン】

季節の変わり目になるとうさぎも抜け毛が多くなります。

ブラッシング用品を用意しておくとこまめにブラッシングができ、キレイな状態をキープでき、おすすめです。


■カリーニャ にゃめらカーブ爪切り

また爪切りなども用意しておくと、トリミングサロンにお願いせずに自分で爪を切ることができるので便利なグッズとなっています。

まとめ

うさぎ

今回は初めてうさぎを飼う人へ向けて、うさぎの飼育に必要なグッズをご紹介しました。

これからうさぎを飼う方はぜひ参考にしてみてください。