ウーパールーパーの飼い方☆5分でわかる!水温管理はどうすれば良い?

上から見たウーパールーパー
爬虫類・両生類

「ウーパールーパーの水温は何度くらいが良いの?」飼い始めたばかりで水温管理が分からない方も少なくありません。

今回は、ウーパールーパーの適切な水温や、夏・冬の水温管理の仕方についてご紹介します。

ウーパールーパーの飼育に適切な水温は?

黒いウーパールーパー

ウーパールーパーの適切な水温は5度~26度。

過ごしやすい水温は15度~20度ぐらいになります。

元々ウーパールーパーはメキシコシティの運河に住んでいて、最も暑い時期でも27度までしか気温が上がりません。

そのため、ウーパールーパーは暑さに弱い生き物なのです。

日本の夏の気温は、32度を超える日もあるため、暖かくなる6月ごろから水温に注意しましょう。

【夏場】水温が高い時の対策

白いウーパールーパー

ウーパールーパーを飼う時、夏場の高水温には注意が必要です。

クーラーがついている部屋に水槽を置けることが一番良いですが、難しい場合でも対策があります。

主な水温管理の方法を3つご紹介します。

    1.水槽用冷却ファンを使用する


    ■100-240v 水槽冷却ファン クールファン

    水槽用冷却ファンは、水面に向けて風を当てて水温を下げる冷却ファンです。

    使うことで水温を20度代にすることができます。

    しかし、風を当てるので水が蒸発しやすいため、こまめに水を足さなければいけません。

    2,000〜3,000円で購入できるのでおすすめです。

    2.扇風機を使用する


    ■アイリスオーヤマ サーキュレーター 8畳 首振り マカロン型 PCF-MKM15-W ホワイト

    冷却ファンの代わりに、扇風機を水槽に当てて水温を下げる方法です。

    ほとんどの家庭に扇風機があるので、すぐに試すことができます。

    「扇風機は場所をとって嫌だな..」という場合は、コンパクトなサーキュレーターがおすすめです。

    3.廊下など涼しい場所に水槽を置く

    廊下や玄関など日陰になる場所は、比較的涼しいため水槽を置くことに適しています。

    実際に、私がウーパールーパーを飼っていた時は玄関に置くだけで25度前後に水温を保っていました。

    水槽用クーラーを買うかどうかは、家の中の涼しい場所に水槽を置いて水温を測ってみてから考えると良いでしょう。

    【冬場】水温が低い時の対策

    茶色のウーパールーパー

    ウーパールーパーは寒さに強いため、基本的に寒さ対策は必要ありません。

    しかし、寒い地域で飼う場合は、ウーパールーパーの適正水温の5度より下がらないように注意しましょう。

    ウーパールーパーの主な低水温の対策を2つご紹介します。

      1.水槽用ヒーターを設置する


      ■水槽 ヒーター  30〜40cmの小型水槽 熱帯魚・観賞魚対応

      水槽用のヒーターは、自動で26度前後に水温を調整してくれます。

      温度が固定のヒーターと自由に変えられるヒーターがありますが、どちらでも十分です。

      ちなみに私、はウーパールーパーが成体になるまでの間のみ、水温が26度に固定される物を使用していました。

      2.水槽を断熱材で覆う


      ■コモライフ 窓にピタッとシート 約30cm×10m巻 結露防止 防寒対策

      新聞紙や梱包用のプチプチ、断熱シートを水槽の周りに覆う方法です。

      低い外気温から水槽を守ることができます。また、断熱材を重ねるほど効果が上がります。

      断熱材を水槽に巻くだけで、お手軽にできる冬の寒さ対策です。

      まとめ

      砂の上のウーパールーパー

      ウーパールーパーの水温管理は、細かい調整が必要なく、比較的簡単です。

      快適に過ごせるように飼い主さんが工夫してあげてくださいね。

      暑さが苦手なので、夏場は特に気を付けてあげてください☆

      白樺セイ

      2,967 views

      猫が大好きなフリーライターの白樺セイです。 動物が大好きで、小さい頃から犬や魚、ウーパールーパーなど色々な動物や生き物と暮らしてきました。 現在は、やんちゃ...

      プロフィール