• HOME
  • レジャー ,
  • 愛犬と雪遊び!長野のスキー場と関東近郊の雪遊びおすすめスポット!

愛犬と雪遊び!長野のスキー場と関東近郊の雪遊びおすすめスポット!

雪遊びをする犬
レジャー

夏だろうが冬だろうが、愛犬は遊びたい!

さむ~い冬でも、思う存分楽しんじゃいましょう!

今回は『愛犬と雪遊びができる関東エリアのおすすめスポット』をご紹介します!

長野で愛犬と楽しめるおすすめスキー場4選

Blue Resort 白馬さのさか

白馬エリアの中では比較的コンパクトなスキー場ながら、多彩なコースが揃っているスキー場です。

その一角を愛犬同伴OKエリアとしていて、愛犬と乗れるリフトもあり、一緒にスキーを楽しむことができます。

リフトは1回800円(大人1名、犬1頭での利用料金)の1回券。

滑走可能コースはレイクダウンゲレンデのみ。

愛犬とウインタースポーツを楽しめるなんて、素敵ですよね。

■施設詳細■
長野県北安曇郡白馬村大字神城458番地
TEL:0261-75-2452
公式HP:https://sanosaka.jp/

タングラムスキーサーカス

スノーモービルやボルダリングなど、スキー以外のアクティビティが充実したスキー場で家族連れに人気です。

こちらにあるのが、雪上ドッグラン。

リードなしで雪原を思いっきり走り回ることができます。

ペットプランもあるホテルタングラムのペット棟横にあるので、気兼ねなく愛犬と遊べそうですね。

■施設詳細■
長野県上水内郡信濃町古海3575-8
TEL:026-258-3511
公式HP:https://www.tangram.jp/ski/
ドッグラン情報:https://www.tangram.jp/ski/activity_winter/dogrun.php

富士見パノラマリゾート

スノートレッキングをご存知ですか?

スノーシューという雪の上を歩行するための道具を履いて、雪山をのんびりと歩いたり、景色を楽しんだり、雪遊びをしたり・・・。

そんなスノートレッキングを愛犬と楽しみたいなら、こちらがおすすめです。

愛犬と一緒にゴンドラに乗って一気に標高1,780mの山頂へ。

歩くだけでなく、愛犬とそりで滑ったり、雪原を走ったりと楽しみ方は色々。雄大な景色の中で思う存分遊んでください。

■施設詳細■
長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703
TEL:0266-62-5666
公式HP:https://www.fujimipanorama.com/snow/

野沢温泉スキー場

広いな敷地には36ものコース・ゲレンデがあり、初心者に優しいスキー場として、屈指の人気を誇るスキー場です。

こちらはペット同伴でのスキー場利用可能。

長坂ゴンドラリフトで山頂まで行くこともでき、他のスキーヤー、スノーボーダーの迷惑にならないように気を付ければ、さまざまなエリアを楽しむことができます。

■施設詳細■
長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7653番地
TEL:0269-85-3166
公式HP:http://www.nozawaski.com/

泊まってのんびり雪遊び♪関東近郊エリア

さすがにスキー場はハードルが高い…という人には、愛犬と宿泊できる施設で雪上ドッグランはいかがですか?

家族みんなでガンガン遊べます。

エピナール那須(栃木)

那須エリア最大級のドッグランがあるペットOKのホテルです。

雪が降ると、一面銀世界。

ノーリードで思いっきり雪遊びが楽しめます。

ドッグランは大型犬、小型犬でエリアが分かれているの安心。日帰りでも利用も可能です。

■施設詳細■
栃木県那須郡那須町大字高久丙1番地
TEL:0287-78-6000
公式HP:https://www.epinard.jp/pet/index.html

八ヶ岳わんわんパラダイス(山梨)

愛犬のためのサービスにあふれたペット専用お宿として定番の施設。

一戸建てのコテージに泊まって、愛犬と楽しい時間を過ごすことができます。

森のドッグガーデンは1,100坪。地形をそのまま利用した自然美あふれるエリアです。

450坪のアジリティガーデンもあり、どちらも冬も営業しています。

広々したエリアを自由に駆け回る姿がめちゃ楽しそうです。

■施設詳細■
山梨県北杜市長坂町小荒間1792
TEL:0551-32-1155
公式HP:https://www.wanpara.jp/yatsugatake/

サビーネズ ドッグバケーション(群馬)

北軽井沢の自然の中に位置する関東最大級のドッグラン。

1日1組限定の貸し切り貸別荘で愛犬と休日を楽しめます。

なんと全室フリーで、ベッドで一緒に寝るのもOK。

プライベートドッグランは約2,000坪。

家族揃って雪まみれになってはしゃいじゃってください(笑)。

■施設詳細■
群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1132-3
TEL:0279-97-1154
公式HP:https://www.sabinesdogvacation.com/

愛犬と雪遊びで気を付けたいこと

雪を食べる犬

人と同じで、愛犬と雪遊びをするときには、それなりに準備が必要です。

普段から使えるアイテムもたくさんありますので、要チェック。さらに気を付けたいポイントもあれこれありますよ。

装備

防寒は必須です。風や寒さに強いスノーウエアを用意しましょう。

また、足元の防備も忘れずに。

愛犬の肉球は案外しもやけになりやすいんですよ。

スノーブーツやシューズなど、肉球を守るアイテムも必要です。

丈夫なハーネスやリード

普段より広大な場所で遊ぶので、愛犬もグイグイ力が入ります。

普段散歩で使っている物より、さらに強度の強いハーネスや太いリードをおすすめします。

また、伸縮するタイプのリードはNGです。

想定しないエリアに行ってしまったり、他の来場者と衝突する危険もあります。

ケガや事故を防ぐために、飼い主さんがしっかりコントロールできるように注意してください。

冷え過ぎ

ついついテンションがあがって楽しんでいる姿を見ると、長時間遊ばせてしまうこともあるかと思いますが、知らない間に体は冷え冷えです。

体の冷えすぎは、内臓にも負担がかかりますので、適度に時間を切って暖を取るようにしましょう。

アフターケア

雪遊びの後、雪まみれの体をすぐに乾かしてあげましょう。

暖房の前にいれば、勝手に乾くだろうは大間違い。

愛犬の毛に絡まった雪玉は決して簡単には溶けません。

体の冷えが長時間続くと体調を崩します。ドライヤーなどでしっかりと乾かしてから休みましょう。

まとめ

いかがでしたか? 愛犬も普段と違う遊び場はとにかく楽しいはず。

家族揃って、冬籠りでなまった体を動かすと、心も体もリフレッシュできますよ~。

ぜひぜひお出かけくださいませ~♪

あかね

68,719 views

Web関係の仕事をしながら、愛犬2匹と家族と暮らしています。 かれこれわんこ暮らしは12年ほど。私にとっては未知の世界への挑戦でした。 子育てと合わせて、日...

プロフィール