家族みんなで自然を満喫♪埼玉、千葉の川遊びスポット紹介

レジャー

地獄のように暑かった8月が終わり、9月がやってまいりました。そして気づけばもう9月も半ば!
暑い日はまだあれど、過ごしやすいこの季節、愛犬と川遊びはいかがでしょうか?
暑い日は川の中に足を入れて涼むこともでき、涼しい日であれば水に入らず自然を堪能できますよ。
緑豊かな河原で、愛犬と子供と水遊び、そして食事はバーベキューなんて出来たら最高ですよね。

そうだ!川に行こう!!

まず、キャンプ場、バーベキュー場を検索サイトで調べましょう。
検索するポイントは、自宅からなるべくアクセスが良く、帰りも渋滞しなさそうなところ・・・
そして最も重要なのは、「ペット可」を探すことです。
バーべキュー場、キャンプ場は色々とありますが、「ペット不可」のエリアがあったり、「ペット完全不可」のところもあります。
車にバーベキュー道具、食材を張り切って持って行って、会場に着いたら「ペット不可」なんて残念なことにならないように、必ず下調べや問合せをしていきましょう。

会場の下調べとは別に、日程前後の川付近のお天気情報も忘れずに調査しておきましょう。
当日晴れていても、その前に天候の影響で増水していたりすると危険です。
足場も悪くなっていたりするので、その場合は延期することも考えましょうね。

埼玉県のおすすめバーベキュー&川遊び会場

我が家は先日、埼玉県飯能(はんのう)市にある 名栗(なぐり)川で遊びました!
名栗川は、入間(いるま)川上流部の別称です。


■子供も犬も冷たい川に大喜び!

こちらの川は、比較的浅瀬で流れもきつくないので、小学生くらいのお子さん、また泳ぎが若葉マークなワンちゃんにおすすめです。


■えー入水式まだしてないんですけど・・・

夏場やバーベキュー本番シーズンは混雑するので、なるべく朝早く到着した方がよい場所を選べますよ。


■入るまではみんな嫌々…全力で拒否。気持ちよさそうに泳いで見えますが実は必死です(汗

BBQや、川遊びは施設を利用しましょう。

施設がない河原は、私有地の場合もありますので、空いているからと、勝手に入ることはやめましょう。
トイレもなかったり、整備もされていないので思わぬ大きな事故に繋がります。

以下のような施設がありますので、希望に応じて予約や問い合わせをしましょう。

〇名栗川 ゆのた

名栗川「ゆのた」公式HP

料金 乗用車 1,000円/1日(こちらの中に施設利用料も含まれています)
設備 機材持ち込み可、食材持ち込み可
有料レンタル有(バーベキュー機材等)
有料販売有(炭、着火剤等)
売店(飲み物・うどん・焼き鳥等)・トイレ有
支払 現金のみ
予約 なし。
先着順なので駐車場が満車の場合入場できませんので早めの到着を目指しましょう。

〇ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場

「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」公式サイト

料金 駐車場代:
1台目はサイト使用料に含む、2台目以降500円~
施設料料金:
大人(中学生以上)700円/1日、子供(3~小学生)350円/1日、ペット 350円/1日
サイト料金2,000~5,000円、ログハウス8,000円~(時期によって変動あるので要問合せ・要確認)
設備 機材持ち込み可、食材持ち込み可(食事販売なし)
有料レンタル有(バーベキュー機材・調理器具等、タープ、キャンプ用品、他)
販売品(炭、着火剤、洗剤などの消耗品等)、トイレ有有料サービス:
シャワー、洗濯機、ごみ処理等あり
支払 チェックイン時(前払い)、有料サービスはその都度の精算。
現金・クレジットカード・電子マネー(チャージは出来ません)
予約 電話・Web予約

〇バーベキュースポット さつき

バーベキュースポット「さつき」公式サイト

料金 駐車場代:1台1,000円/1日
施設利用料:大人500円、子供200円(利用料にごみ処理料も含まれます)
屋根付きBBQ場:1,500円
設備 食材持ち込み可、機材持ち込み可、売店・炊事場・トイレ有、有料レンタル有(機材・調理器具)
支払 チェックイン時(前払い)、現金のみ
予約 要・電話予約

今回は名栗川のペットも入れる施設3つをピックアップしました。
詳細は、各サイトにて確認、問い合わせをお願いします。
食材のみ持って行って、機材をレンタルすれば手軽にバーベキューできますよ。
近くに買い出しに便利なスーパーもあります。

ペット同伴の注意点

川遊びやバーベキューをする際は、ペットに必ずリードを付けましょう。
特にバーベキュー場でのノーリードは、ワンちゃんには誘惑いっぱい、そして、危険もいっぱいなので絶対にやめましょう。

川遊びに持って行った方がいい物

ロングリード
水を吸って沈んでしまう素材のリードだと、前脚にリードが絡んでおぼれてしまう危険もあるので、なるべく濡れても沈まない素材のリードがおすすめです。
浮く素材:ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)
沈む素材:綿、ナイロン、ポリエステル、麻、ビニロン等

ライフジャケット
泳ぎ初心犬であれば、ライフジャケットがあれば体が沈むということはあまりないので、不安が少し和らぎますよ。
体のサイズに合ったものを着用しましょう。
うちの場合はこちら!

タオル
水遊びした後、体をよく拭いてあげましょう。
うちの場合、びしょびしょの時はペットシーツを使います。
ペットシーツで大まかな水分を取ってからタオルでさらに水分を拭きます。

虫よけスプレー
緑が多いので、刺す虫は勿論、まとわりつく虫も多いです。
人間用の物ではなく、ペット用の虫よけスプレーにしましょう。

水遊び靴
石場が多いので靴に慣れている子はあった方がいいかもしれません。

ゴミ袋
濡れたリードやライフジャケット、タオルなどを持ち帰るのに使用します。
間違えて捨てないようにしましょうね。

ワンちゃん用ごはん、お水
意外とのどが渇くのか、お水を飲む量が多いです。

千葉県のおすすめ川のお散歩スポット

千葉県の川スポットもご紹介しましょう。
先に紹介した埼玉とはちょっと趣向を変えまして、川のせせらぎ、滝の音、マイナスイオンをたっぷり浴びてのんびりとお散歩できるスポット「清水渓流広場(濃溝の滝・亀岩の洞窟)」です!


■こちら、インスタ映え!で有名になった洞窟です。

「濃溝の滝」だと思われがちなのですが、実は「亀岩の洞窟」です。濃溝の滝は、こちらの洞窟の近くの滝です。

遊歩道コースになっているので、マイナスイオンを浴びに歩くのも気持ちいいです。
降りるときの足場も少し滑りやすかったりするので、運動靴や滑り止めのしっかりした靴をおすすめします。

水しぶきと、土なので、白の靴も非常に汚れてしまうので気を付けましょう。

こちらのスポットは、無料駐車場がありますが非常に台数が非常に少なく混雑する土日や連休などは要注意です。
少し歩くことになりますが、第2・第3駐車場(ここでのバーベキュー、本格的な水遊びは不可)もあります。

詳細は君津市HPをご確認ください。

君津市公式サイトはこちら

最後に

アウトドア初心者も楽しめるのが川遊びやバーベキューです。
「帰るまでが遠足ですよ」が基本です。

水場で遊ばせるときは、ペット、子供から目を離さないように!
出たごみは、会場のルールに従いましょう!

泳ぎ初挑戦のペットさんはあまり無理をさせないようにしましょうね。
水泳は全身運動です。
しかも、初めてだったりしたら不安でドキドキ、ただの恐怖体験でしかありません。
無理せずゆっくり時間をかけて慣らしてあげましょう。
ちなみに我が家は脱・ライフジャケットに3年掛かりました(笑

そして、心地よい疲れ具合で帰るので安全運転で帰りましょうね!

そしてそして、これが最も重要!
泳いだり、河辺を歩いているだけでも、かなり汚れたり落ち葉のお土産がペットの身体についているので、なるべく早いうちに、ブラッシングやシャンプーをしてあげましょう。

関連記事一覧