• HOME
  • レジャー ,
  • 犬と沖縄旅行!那覇市内の眺望が素晴らしい首里城は愛犬と散策できる

犬と沖縄旅行!那覇市内の眺望が素晴らしい首里城は愛犬と散策できる

レジャー

こんにちは、沖縄在住ReCheriライターのkinakoです。

那覇市首里の小高い丘に建つ首里城は、沖縄県のシンボルで、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

首里城はわんちゃんと一緒に巡れる観光地としても有名で、地元民のお散歩コースでもあります。

残念ながら1年前の2019年に火災がありましたが、現在もわんちゃんとお散歩を楽しめます!

今回は、2020年12月現在の、愛犬との首里城のお散歩についてご紹介します。

首里城を犬とお散歩する時の注意点

首里城をお散歩

首里城は世界遺産に登録され、国指定史跡の重要文化財です。

排泄物で汚さないように、気をつけましょう。

マーキングしてしまう子は、マナーパンツなどを履かせると安心です。

首里城周辺は首里城公園として無料で開放されています。

犬と入るとき、特に許可は必要ありません。

条件は、リードをつけていることで、それを守れば自由に散策できます。

HPには小型犬のみと記載がありますが、中型犬のわんちゃん、ラブラドールなどの大型犬わんちゃんもよく見かけます。

わんちゃんが喜ぶ首里城のお散歩コース

それでは早速、首里城散策に行ってみましょう!

首里城は、地下駐車場からエスカレータを上ると総合案内場に着きます。

そこから外に出ると見えるのが守礼門です。

最初の撮影スポット。

訪れた方は、この門をバックによく写真を撮っていますよ。

守礼門

門をくぐると、こんな景色が広がっています。

右手に見える木の方へ進んでいきます。

歓会門に向かう道

さらに上に登っていくと見えてくるのは、歓会門(かいかんもん)。

歓会門(かいかんもん)

歓会とは歓迎のことで、首里城郭内に入る第一の正門です。

わんちゃんとくぐって先へ進みましょう。

ここからは階段が続きます!
階段

階段を登る途中に振り向くと、眼下に広がる景色がこちら。

首里城の景色

先ほど通ってきた歓会門(かいかんもん)が見えますね。赤い屋根の建物は、沖縄芸術大学です。

階段がずっと続きます。

老犬のわんちゃんはちょっとつらいかも…。

首里城の景色

階段を登りきると、景色のいい場所に到着。那覇市内を一望できます。

首里景色

次に現れるのはいよいよ正殿に近い広福(こうふく)門です。
広福(こうふく)門

この門をくぐると、下之御庭(しちゃぬうなー)という庭があります。

とても長い階段を登ってきたので、暑い季節はかなり疲れます。

この庭でしばし休憩。

この先は、首里城正殿に続く奉神門(ほうしんもん)です。

奉神門(ほうしんもん)

奉神門(ほうしんもん)の先からは、有料ゾーンとなります。

そして、わんちゃんが入れるのはここまで。

正殿のある有料ゾーンは、入れません。

そこで、来た道を引き返します。

那覇市内の眺望を楽しみながらゆっくり下りましょう。

首里城くだり

下る途中には、戦前から残っているアカギの大木を拝めます。

アカギ

スタート地点まで戻ってくる途中に、このような看板が見えたら左へ曲がります。

首里城看板

食事やお土産を楽しめる場所へ到着。

お土産屋さん

レストランではタコライスや沖縄そばが食べられますが、残念ながらわんちゃんは同伴できません。

疲れた体に甘いもの。

沖縄の人気アイスクリーム「ブルーシール」もあります。

ブルーシールアイスクリーム

アイスクリームを買ったら、幸せを呼ぶ木と言われるガジュマルの木の下で一休みして散策終了です。

ガジュマル

帰りに西のアザナで夕日を見るのもオススメ

沖縄県 首里城 西のアザナから見る景色

首里城には、東のアザナ、西のアザナというビュースポットがあります。

アザナとは、島言葉で物見台という意味です。

東のアザナは正殿の裏側になるので、わんちゃんは入れません。

わんちゃん同伴の時は、日の入りポイントで夕日がとても綺麗な西のアザナを楽しみましょう。

標高130mにある西のアザナは夜景スポットでもあります。

通常は18時30分前後で閉館となりますが、夏場は20時30まで出入り可能です。

まとめ

わんちゃんと行きたい首里城散策をお届けしました。

首里城の無料区間ゾーンは、どこでもお散歩できます。

空気が綺麗で神秘的な場所なので、正殿が焼け落ちた今でも観光客に人気があります。

旅行に来られた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

首里城公式HP
首里城公式HP:https://oki-park.jp/shurijo/