• HOME
  • 暮らし
  • 子犬を迎える際に準備しておきたい、おすすめグッズ☆

子犬を迎える際に準備しておきたい、おすすめグッズ☆

暮らし

コロコロとした愛くるしい姿、守ってあげたくなるような潤んだ瞳。

子犬は本当に可愛いですよね。

これから犬を飼おうと考えている方の中には、子犬を迎えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし

「子犬を迎えるにはどんなものが必要なのかわからない」

「数あるグッズの中から何を選べば良いのかわからない」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

我が家では、2頭の子犬を迎えました。

その時の経験をもとに、あって便利だったものなどをご紹介したいと思います。

車で子犬を迎えに行く

一口に子犬を迎えると言っても、ペットショップから迎えたりブリーダーさんから迎えたり、保護施設や一般家庭から迎えたりと様々ですよね。

車で子犬を迎えに行く場合が多いかと思います。

我が家も、ブリーダーさんのもとへ車で子犬を迎えに行きました。

子犬を車に乗せて連れてくる際、道中が長い場合は特に、最低限の備品の準備は不可欠です。

実際に私が車で子犬を家に連れてくる時にあって便利だったもの、準備しておけばよかったと感じたものをいくつかご紹介いたします。

クレート

子犬を車で家に連れて行く際には、子犬は飼い主さんの温もりをより感じられる抱っこか膝の上がベストだと思いますが、ひとりで車を運転して迎えに行かなくてはならない場合、運転しながら抱っこはできませんよね。

そんな時クレートがあると便利です。

あまり大きすぎず、子犬が落ち着ける小さめのものがオススメです。

子犬が身体を伸ばしても大丈夫なくらいのスペースがあればOKです。



こちらのクレートは、通気性も良さそうですし、黒い部分がメッシュになっているので子犬の様子が確認できるのが嬉しいですよね。

また、折りたたみもできるので、使わない時は場所もとりませんし、持ち運びしやすそうですね。

バスタオル

子犬を車の中で抱っこしたり、膝の上に寝かせるのにバスタオルが一枚あると便利です。

またクレートの場合にも、クレートの中に敷いてあげると子犬がより落ち着いてくれると思います。

万が一水をこぼしてしまった際にも役立ちます。

ポリ袋

子犬の排泄物の処理や、その他車の中でゴミが出た際にもポリ袋があると便利です。

私の場合、愛犬が車の中で酔って吐いてしまった際にポリ袋が大活躍しました。

新聞紙やトイレットペーパー

まだトイレのトレーニングをしていない子犬が、車の中で粗相をしてしまうことも珍しくありません。

そんな時に新聞があれば、下に敷くこともできますし、汚物を包むこともできます。

トイレットペーパーで子犬の汚れた部分などを拭くこともできますよね。

ペットシート

こちらも子犬が粗相をした際にとても役立ちます。

おしっこや水分を吸収してくれるので、準備しておくと安心です。

飲み水と容器

車での移動が長時間の場合、子犬の水分補給も大切ですよね。

水と容器を持っていくことをオススメします。

容器は子犬が飲みやすければ皿でも小さめのボウルでも良いと思います。

子犬を自宅に迎える

いよいよ自宅に子犬を迎える時。

飼い主さんは喜びやワクワクと同時に、不安も少しありますよね。

子犬は親元を離れ、家庭での生活が始まります。

私たち飼い主が責任もって、子育てをしなくてはなりません。

子犬が快適に生活するために必要なグッズを揃えるのも、私たちの大事な役目です。

子犬を自宅に迎える際に準備しておくべきものをご紹介いたします。

ケージ

犬を迎える際にいちばん必要になってくるのがケージ(サークル)ではないでしょうか。

犬を飼い始める時に最初にケージを準備する方も多いですよね。

子犬にとって、安心してゆっくり眠れる場所が必要です。

子犬がお留守番をしなくてはならない場合も、部屋に放し飼いの状態だと誤飲など危険もあるのでケージが不可欠です。



こちらのケージはトイレスペースが仕切られているので、トイレの練習にも良さそうです。

寝るスペースにおしっこが侵入せず衛生的で、子犬の身体も排泄物で汚れず、飼い主さんも嬉しいですよね。

給水器

私たち人間も毎日の水分補給が必要なのと同じように、犬も水分補給は不可欠ですよね。



こちらはケージに取り付けられるタイプの給水器です。

子犬の成長に合わせて高さも変えられます。

通常のボウルだと倒して床やケージが水浸しになってしまうこともありますが、倒してこぼれる心配もありません。

水を入れたペットボトルを取り付けるだけなので簡単ですし、犬が水を飲んだ量も把握できます。

トイレトレー

子犬の頃は特に、おしっこやウンチをする回数が多い子がほとんどです。

トイレは準備しておくべきものの一つではないでしょうか。



子犬のうちはペットシーツを興味本位でイタズラしてしまう場合があると思います。

ペットシーツのイタズラや誤飲の防止にも、こちらのメッシュタイプのトイレトレーがオススメです。

我が家でも子犬の頃からずっとメッシュタイプのものを使っています。

メッシュ部分を取り外して水洗いもできるのでオススメです。

ペットシート

お散歩デビューがまだの子犬は、家のトイレトレーでおしっこをする子がほとんどですよね。

それ以外にもトイレに失敗して粗相してしまった場合にもペットシートがあると便利です。

子犬は特にペットシートを多く使います。



こちらは枚数も多く、お値段も手頃なので、1回おしっこをしたら気軽にシートを交換できますよね。

子犬は一回のおしこの量もそれほど多くないので、薄型タイプでも充分だと思います。

ドッグフード

犬にとっても毎日のご飯は必需ですよね。

子犬のフードは、慣れるまではペットショップやブリーダーさんのところで食べさせていたものと同じものを与えた方が良いのかもしれません。



ちなみに我が家では愛犬の子犬時代はこちらのフードを与えていました。

粒の大きさも中型犬の我が家の愛犬にも丁度よく、食いつきも良かったです。

子犬専用の「パピー用」と記載されているフードがたくさんあるので、その子に合ったフードを見つけてあげてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子犬を迎える際に最低限、準備しておいた方が良さそうな物を挙げてみました。

子犬を迎える前にこれらを準備しておくと安心ですよね。

これから子犬をお迎えする飼い主さんに、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

関連記事
・犬を飼う前に、知っておきたい心構え
・我が家の愛犬マルチーズがペット保険に入ったきっかけ☆
・ご飯と同じくらい大事な水。毎日清潔な水をあげるための愛犬用水飲み容器選び。
・動物園の臭いがする……!?我が家の消臭大作戦~犬や猫、ペットの消臭対策~
・愛犬の熱中症対策にも便利!ペットカメラを設置してみませんか?

ぴよまる

30,219 views

動物大好きフリーライターのぴよまるです。 小さい頃から動物が大好きで、犬やハムスター、ヒヨコなどに囲まれて生活していました。 現在は双子の姉妹犬2頭と、楽し...

プロフィール

関連記事一覧