熱帯魚の代表的な存在、グッピーってどんな魚?飼育方法は?

グッピー
アクアライフ

皆さんは「グッピー」という熱帯魚をご存知ですか?

「グッピー」は小さい体に大きなヒレ、カラフルな体色を持つ熱帯魚です。

古くから愛好されており、熱帯魚の代表的な存在とも言えます。

今回はそんな「グッピー」のプロフィールや飼い方についてご紹介します。

体型の特徴

グッピーを印象付けているのはなんといってもその大きな尾ビレです。

もともとグッピーはヒレの小さい魚でしたが、品種改良の末に大きくてひらひらとした尾ビレを獲得しました。

この大きな尾ビレは様々な色、模様が乗り、グッピーの華やかさを演出しています。

近年では、尾ビレの他に背ビレや胸ビレなども大きなグッピーが現れており、人気を博しています。

逆に尾ビレがシュッと細い品種もあるのですが、そちらは精悍な印象で、どちらかというとマニア向けといえます。

定番の品種

グッピーには無限と言えるカラーバリエーションがあります。

中でも長らく人気があるのがドイツイエロータキシードとブルーグラスという品種です。

グッピー(ドイツイエロータキシード)
■ドイツイエロータキシード

ドイツイエロータキシードは、体の後半がタキシードを着たように黒く、クリームイエロー〜白の尾ビレを持つグッピーです。

尾ビレに柄はなく、このような尾ビレを持つグッピーを「ソリッド」といったりします。

ブルーグラスは、体にブルーの太いラインが目立ちます。

グッピー(ブルーグラス)
■ブルーグラス

尾ビレは青地に細かいドット柄が入り、どちらかと言えば繊細な美しさのあるグッピーです。

その他、モザイク、コブラ、オールドファッションなども、古くからある定番と言えるグッピーです。

グッピーはよく殖える!

グッピーで華やかな色模様をしているのはオスです。

メスの体色は基本的には薄めです。

体型も大きく異なり、オスと比べてメスは体(特にお腹)が大きくなります。

また、メスの方がヒレは小さいことが多いです。

メスのグッピー
■メスのグッピー

グッピーはよく殖える魚としても知られています。

1ペアで買っていたら、1年後には水槽にいっぱいのグッピーが!ということも珍しくありません。

グッピーはその繁殖行動も独特で、メスは卵ではなくて子供を産みます。

産まれたばかりの稚魚には市販の熱帯魚用ベビーフードなどを与えます。

産まれた稚魚を親魚が食べてしまうことがあるので、水槽に水草をたくさん入れておくと、それが隠れ家になり稚魚が残りやすいです。

確実なのは、産仔用の水槽を用意してメスを移し、子供を産んだらまたメスを元の水槽に戻すことです(稚魚と親魚を同居させない)。

稚魚を隔離して飼育している水槽
■稚魚を隔離して飼育している水槽

基本的な飼い方

水槽の大きさはたとえば2ペア(つがい)で飼うのなら20リットル程度の水槽を用意します。

水道水を用いるのならカルキを抜きます。

水温は水槽用ヒーターなどで25℃前後に保ちます。

フィルターは種類を問いませんが、極端に強い水流がつくものは避けましょう。

餌は1日数回、数分で食べきる量を与えます。

どかっと一度に与えるよりも、こまめに少量ずつ与えることを心がけてください。

1週間に1度1/3から1/4程度水を換えましょう。

活発でよく食べる魚なので、水を汚しがちです。ですので、サボらずまめに水換えをすることが大切です。

砂利を敷いているのなら1ヵ月に1度は砂利クリーナーで洗浄します。

グッピーだけで飼うのも良いですが、他の大人しい小さな魚と飼うこともできます。

特にヒレが大きいグッピーはあまり素早く動けないので、おっとりとしていて、グッピーのヒレを突かない魚であれば同居もうまくいきやすいです。

まだまだ進化の途中!

カラフルなグッピー

無限のカラーバリエーションがあると前述しましたが、現在においても新しい表現のグッピーが作出されています。

グッピーは色や模様、ヒレの大きさや形について、きちんと遺伝が解明されており、個人の趣味家が自分なりの表現を追求することもできます。

カラフルなグッピー

ただ飼うのも楽しいものですが、それに飽きたらなくなったら、「より良いグッピーの作出」「新しいグッピーの作出」にチャレンジするのも良いと思いますよ。

グッピーに興味がある方におすすめの本

グッピー完全飼育ガイド


【Amazon購入】グッピー完全飼育ガイド―はじめてでも楽しめる

グッピー界の第一人者、岩崎登氏によるグッピーの完全飼育ガイド。

グッピーの飼育方法を詳しく、豊富なカラーで紹介しています。

初心者にもわかりやすいだけでなく、人気のある種類からマニアックなものまで、様々なグッピーを紹介しているので眺めているだけでも楽しい一冊です。

書籍の詳しい内容は、下のリンクをクリックしてください。

記事提供:月刊アクアライフ