• HOME
  • ReCheri通信
  • ReCheri通信 vol.25 『mipig cafe 原宿店』に行ってきました!

ReCheri通信 vol.25 『mipig cafe 原宿店』に行ってきました!

ReCheri通信

こんにちは!ReCheri編集部のナズナです!

突然ですが、みなさんは犬派ですか? 猫派ですか? それともブタ派ですか?

え、ブタ??

そうです、今大注目の動物といえばブタさんです!!

以前の記事でも取り上げた『マイクロブタ』のカフェの2号店『mipig cafe(マイピッグカフェ)原宿店が11月8日(金)にオープンしました!

ReCheri隊はプレオープンに行ってきましたので、その様子をリポートします!

mipig cafe 原宿店とは?

今年3月に東京・目黒にオープンした日本初のマイクロブタカフェ「mipig cafe」の待望の2号店。

マイクロブタと触れ合いながらゆったりした時間を過ごすことができます。

ちなみにmipig cafeのマイはマイクロのマイです。

“私の”を意味するmyではありません!店内ではみんなで仲良くブタさんを可愛がりましょう♡

そもそもマイクロブタって?

イギリスで品種改良によって生まれた超小型のブタのこと。

体重は18~40kgまでしか成長しないのが一般的です。

とても綺麗好きで賢いので、トイレの場所を覚えることはもちろん、訓練をすれば“おすわり”や“ジャンプ”などワンちゃんのように躾けることもできちゃいます。

また、犬や猫に比べてアレルギーを起こしにくいので、これまでペットを諦めていた方にもおススメです。

mipig cafe 原宿店はどこにある?

JR原宿駅を出て竹下通りを進み、路地を1本入ったところにお店があります。

レンガ調の建物の中心に、大きな木の入り口が立っているのが目印です。


■まるで絵本の世界みたい! 入口の時点でテンションが上がります。


■ロッカーに靴と荷物を預けたら、まずは石鹸でしっかりと手を洗います。


■手を洗った後は、消毒もね!

マイクロブタさんに会いに店内に!

店内へ入ると3つの個室が並んでいて、私たちは木のおうちという個室へ案内されました。


■木のおうち

ちなみに右隣の個室は「わら」のおうちで、左隣は「レンガ」のおうち。

あれ、これってもしかして・・・

そう、原宿店は「3匹の子ぶた」をモチーフにした絵本のような世界観のお店なんです!

お部屋の内装もとっても凝っていてかわいい!


■わらのおうちの内装。切り株のクッションに、照明にもわらが!


■こわ~いオオカミさんもしっかり再現。ブタさん逃げてー


■照明もブタさんの鼻になってる!


■フロアにはブタさん用ソファも完備。どこまでもブタさんファーストです

フロア内には数匹のブタさんがうろうろ。親子で来店しているお客さんのおヒザに自らスリスリしています、なんて人なつっこいの!

個室に座って待っていると、さっそくブタさんが遊びに来てくれました。

人間のおヒザにひょいと乗っかって、そのままリラックスして動かなくなってしまいました。

え、いいの? 無防備すぎない?

もちろん嬉しいけど!

ふれあい方のコツ

スタッフの方によると、ブタさんとのふれあい方のコツは

・足が浮くのが苦手なので、抱きかかえるのはNG
・ブタさんの方から近寄ってきてヒザの上に乗ってきたら、なでなでしてOK
・あまり目が良くないので、口元に人の指を近づけない(エサと間違えて食べちゃう)

だそうです。

人間のおひざの隙間に身を埋めたり、腕の上にアゴを乗せたりしてフィットした状態が大好きで、そのまま10分ぐらいまったりしていることもあるとか…萌えですね(笑)


■見てください、初めて会ったとは思えない人なつっこさ!


■生後5カ月のステラくん。このあと15分ぐらい気持ちよさそうにまどろんでいました。

フィットする場所を見つけるとそこに埋もれて気持ちよさそうに瞼をトロンとさせるブタさん。

何でしょうこの湧き上がる恍惚感は…! かわいい、かわいすぎる…!!

時が経つのも忘れてずっとここにいてしまいそう…!!

カフェメニューもとってもかわいい!

写真は原宿店限定ブタさんドーナツ

食べるのがもったいないくらいかわいいい!(もちろん食べました)

ブタさんの耳の部分はナッツでできていて、カリッとした食感です。

このほかに、休日限定ブタさんケーキなども登場するそうです。

ぜひ注文してスイーツの可愛さも堪能してくださいね。


■食べるのがもったいない!キュートなブタさんドーナツ!


■はぁん可愛くて食べちゃいたいくらい!(コレハタベテヨシ!)

mipig cafe 原宿店の料金

フロアで過ごす「通常プラン」と「個室プラン」があり、通常プランは30分につき税別1,000円(ワンドリンク制)。ドリンクは600円~。

個室プランの場合は上記価格に加え、1部屋ご利用30分につき税別500円がかかります。

スタッフの方によると、個室を選べば1~2匹は確実にお部屋にいるので、絶対に触れあいたい方は個室がおすすめ。

5人で来て割り勘すれば、個室料金も100円なのでオトク!

オープン直後の午前中など空いている時間なら、フロアの方がいろんなブタさんに触れ合える可能性が高いそうなので、たくさんのブタさんに囲まれたい方は平日午前中がイチ押しです。

※mipig cafeは事前予約制です。ご予約はこちらから

mipig cafeが誕生するまで

せっかくプレオープンにお邪魔したので、マイクロブタカフェを立ち上げるまでのお話を聞いてみました。

スタッフ: 元々はエキゾチックアニマル好きのスタッフの“マイクロブタを日本で飼いたい”という想いからスタートしました。イギリスのウェールズにあるマイクロブタファームを視察後、クラウドファンディングで沢山の方に支援いただき、山梨県のファームを立ち上げることができました。
当初はそのまま、山梨県で地域創生のような形でふれあいファームとして営業する予定だったのですが…
ReCheri隊: ですが、ということは何か予定外のことがあったとか…?
スタッフ: 準備していた矢先の2018年9月に、国内で豚コレラ※が発生したんです。
ReCheri隊: なんというタイミング! ふれあいファームは感染リスクが高そうですね。
スタッフ: そうなんです。ファームで不特定多数の人にブタさんが触れる環境は難しいということになり、形態を変えて都内でカフェを立ち上げようと方針転換し、そこからは場所探しやメニューの準備など、すべてが急ピッチで進められました。
ReCheri隊: 2019年3月には目黒店オープンなので、怒涛の半年間でしたね。カフェで完全室内飼育だったら、ブタさんの豚コレラの感染リスクはほとんどないんですか?
スタッフ: 豚コレラはイノシシの伝染病なので人に感染することはありませんが、人を媒介してブタさんへ伝染する可能性があります。なので、1週間以内に中国などのアフリカ豚コレラ発生国に渡航履歴のある方や、2日以内に豚舎へ出入りされた方などはご入店をお断りしています。
ReCheri隊: 昨日日本に着いたばかりとか入国ホヤホヤの方は、来たくても難しい場合があるということですね。
スタッフ: そうですね、海外の方だとある程度長期滞在されている方が多いです。目黒店では今、お客様全体の約1/3が海外のお客様なんですよ。
ReCheri隊: えー!それはすごい! 原宿店はもっと割合が高くなりそうですね。
スタッフ: 原宿はインバウンドの方に人気のエリアなので、英語が話せる外国人スタッフも多数勤務しています。mipig cafeのような動物カフェは日本独特の文化で、海外にはこういったお店がないので、日本の観光スポットのひとつとして非常に人気ですね。

※豚コレラ:豚や猪の病気。高熱(約40度)を出し、高い致死率が特徴です。強い伝染力ではありますが、ヒトに感染することはありません。2019年9月に、岐阜県の養豚農場で豚コレラの患畜が確認されました。国内での豚コレラ発生は 1992年に熊本県で発生して以来 26年ぶりの発生です。豚コレラについて、岐阜のHP(https://www.pref.gifu.lg.jp/kinkyu-juyo-joho/tonkorera-h30.html)で詳しく書かれていますので、ご確認ください。

なんと、元々は都内ではなく地方で、ふれあいファームの予定だったのだとか。

トラブルが一転、予約殺到の人気カフェになるとは、ブタさんたちにも想像できなかったことでしょう。

マイクロブタを飼いたい! という方は・・・

山梨のファームで生まれたマイクロブタは、mipig cafeで暮らしながら仲間や人間と触れ合い、社会性を身に着けていきます。

mipig cafeはブタさんにとって保育園のような場所で、いずれはご購入された飼い主さんのもとへ家族として引渡しされます。

前回の記事にも書きましたが、ブタさんは受注繁殖のため、自宅にお迎えするまでに1年~1年半ほどかかります。「かわいい!」と勢いだけで衝動買いすることはできません。

飼い主さんはみんな、ブタさんへの並々ならぬ思い入れを持った方ばかり。北は北海道、南は石垣島からブタさんをお迎えした方もいらっしゃるんだとか!

日本初のマイクロブタ専用フードと、飼い主さん向けに飼育情報やブタさんの健康を管理できるアプリを年内リリース予定とのことなので、これから飼う方の心強い味方が増えそうです。

マイクロブタを購入検討される方はこちら

まとめ

ブタさんがポテポテと歩く姿、つぶらな瞳、トレードマークの愛嬌のある鼻。

どれをとってもとにかく愛くるしい!

この可愛さを、mipig cafeでぜひ体験してみてください!

※オマケ:可愛いマイクロブタさんの動き(音声あり)をご覧ください♪

関連記事
・ReCheri通信 vol.21 ReCheri隊が行く!マイクロブタに出会えるmipig cafe(マイピッグカフェ)
・ReCheri通信 vol.23 マイクロブタのカフェ『mipig cafe』が11/8(金)原宿にオープン!
・ミニだけど大型犬くらいの大きさがある!?ミニブタを育てるために必要なもの

◆ あなたにおススメの記事 ◆